さくらプレーパークを運営しているあきた冒険遊びfrogはメンバーはすべてボランティアで行っています。

平日は仕事をし、週末はボランティアに集まる人。
仕事の合間をぬって来る人。
夜働き、そのままボランティアに来る人。

立ち上げからボランティアに来てくれている地元大学生達も学業やバイトの合間をぬって来てくれています。

 


どうしてこんなに集まるのか。

それは「子どもの居場所」を作ってる私たちが「自分の居場所」となっているからです。

 

 

大人になると他人同士コミニケーションをとることを避けるようになっていまいます。

ましてやボランティア。

今まで縁の無かった活動が自分の趣味となっているのです。
だから趣味を持つと生活に活気がでます。そして同じ目的のメンバーが集まることで楽しいんです。

 

 

さくらプレーパークに必要な物は会費などで補っていますが足りないときはポケットマネーを寄付として出しています。

でもどうしても大きい金額となる今回のプロジェクトは自分達の出資ではできません。

どうか、皆さんのお力を貸してください!

 

新着情報一覧へ