クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

鹿児島県初の酒米を種子島で試験育成し、地方農家に役立てたい!

八汐 航

八汐 航

鹿児島県初の酒米を種子島で試験育成し、地方農家に役立てたい!
支援総額
10,000

目標 600,000円

支援者
1人
残り
終了しました
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2015年01月15日 22:40

第一弾 日本酒を作って輸出!!第一節 酒米栽培プロジェクト!

~お米から始まる地域と外国との明るいコミュニティづくり~

第一弾 日本酒を作って輸出!!第一節 酒米栽培プロジェクト!

 

今回のプロジェクトのコンセプト

米農家と酒蔵と外国地域を繋ぐ!! 

 

酒米の栽培ー清酒製造会社に委託製造ー輸出

日本酒の特徴

・農家と酒蔵の顔の見える日本酒を作り、トレーサビリティを充実させ購入者にアピールしていくこと。

・どんな人が販売しているのかがわかるように顔の見えるサプライチェーンを充実させる。

・購入者の感想アンケートから外国地域に求められる日本酒を計画ー生産ー販売ー評価ー計画と毎年供給できるように体制を作り長い年月をかけて外国地域と関わりを持つ結果、地域需要者ブランドに育つ。

・1地域:1ブランド(1農家・1酒蔵)これを可能にする。

 

今回の日本酒の製品の特徴は以上です。

地域と地域を繋げることでお互いに長い年月をかけて知り合い産業関係を作っていくこと目的ですので1番目の商品は日本酒にしました。

本来の目的が達成できれば民間がつながり行政もつながる。そして教育もつながる。いろいろな販路が広がるはず。その最初のパイプとして日本酒は外国人にとって魅力ある商品だと思います。

 

そのためには今回の酒米(吟のさと)の試験育成と酒米の量産は重要なポイント

なんです。自然の力を借り成功することができたなら一歩前進しことになります

 

これからの応援よろしくお願いします。

 

次回 ~なぜ外国へ輸出なのか~

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

■種子島の絵葉書を使ったサンクスメール

支援者
0人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

■種子島の絵葉書を使ったサンクスメール
■山口農家が作った日本一早い新米5キロ
■種子島の加工品

支援者
1人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

■種子島の絵葉書を使ったサンクスメール
■地元の酒造会社・四元酒造さんの島の泉2本セット
■山口農家が作った日本一早い新米5キロ
■種子島の加工品

支援者
0人
在庫数
15

プロジェクトの相談をする