まずは簡単に自分の紹介したいをと思います

   鹿児島県の種子島中種子町に在住しています

   八汐 航  30歳  職業 調理師

   中小企業診断士をめざしながら実家の寿司屋(八千代)をお手伝いしてます

   今回、このプロジェクト開始しようと思ったきっかけはコネクターハブと

   いう言葉が中小企業白書に記載されており地域経済活性化のカギとなる企業

   だと書かれていました。今回このコネクターハブの機能をはたそうと思い

   プロジェクト計画を立てました。

   http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H26/h26/html/b4_3_1.html

 

 

~お米から始まる地域と外国地域との明るいコミュニティづくり~

 

 農業を利用した新しい地域資源をつくり他の地域と共同で輸出を目的とした

 商品開発を行い他の地域、外国との長いかかわりを持つことで小さな産業関係

 を作っていく。

 

具体的な方法

 今回、注目したのは日本酒です

 日本酒を足掛かりに地域の埋もれそうな物品を輸出用に変えて海外の消費者

 に届けまた外国の物品を輸入用に変えて持ってくる。

 こんなこと本当に可能なのか自分でも不安です。実際どんな問題があるの

 かさえ不明です(T_T)夢のまた夢のような・・・

 いろいろな物品が輸出されていますがなかなか小規模事業者は対応できない

 のが現状ですがどうなんでしょう?やっぱり規制が厳しく無理なんでしょ

 うか?挑戦してみる価値があるのか。これからいろいろ調べていこうと思い

 ます。とりあえず酒米を作ってみよう!!

 

 

次回予告!!

 

 第一弾 日本酒を作って輸出!!第一節 酒米栽培プロジェクト!

今回のプロジェクトのポイント

~米農家と酒蔵と外国地域を繋げる!!~

 

 

 

新着情報一覧へ