READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

孫のように可愛いニホンミツバチの巣箱を補修し、飼育を続けたい

佐々木 伸一

佐々木 伸一

孫のように可愛いニホンミツバチの巣箱を補修し、飼育を続けたい

支援総額

370,000

目標金額 350,000円

支援者
24人
募集終了日
2020年5月20日
24人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
14お気に入り登録14人がお気に入りしています

終了報告を読む


14お気に入り登録14人がお気に入りしています
2020年04月23日 00:40

スズメバチ駆除の様子と山からの野生群と思われる日本蜜蜂を収容


こんばんは。

自分は以前「蜂の巣駆除ハチセンモン」という事業名で蜂駆除の仕事をしていました。

駆除依頼は9割がたスズメバチの巣の駆除依頼でした。

ちゃんと数えてはいませんが、年間100から多い年は250件以上こなしてたと思うので、8年間でそれなりの経験を積んだと思います。


駆除のほとんどは住人のおられる住宅のスズメバチの巣での依頼ですが、時折公共の施設や橋梁、災害現場等の依頼もありました。

駆除の基本は付近住人の方々の安全確保で、その為に様々な施策、手段、はたまた普段は滅多に使わない裏技もありました。

安全確保は基本は施策の重ね掛けで、万が一蜂がこう動いた場合の為、この手順をもしもミスった時でもここで蜂は止められる的な策で、これを真面目に二重三重に実施してますと手間とお金ばかりかかって「あいつは蜂が怖いんじゃないか」などと陰口を実際に耳に挟んだこともありました。


実際、各種の蜂の習性や特性を知らない方からすれば奇異に見える行動や策の重ねだったのかもしれませんね。


記憶に残ってるのは2014から2015年頃からだったと思いますが、テレビ番組などでスズメバチが大量に辺りを飛び回る中で巣を取る様子を放送される事が増え、駆除依頼されたお客様がテレビで見たような駆除を期待される事が増えました。

自分の駆除の基本は

「スッと行って、グサッと刺す」

です。

夜間にスズメバチ達が巣に戻って安心して休んでいる所へ気配をころして接近し、まとめて逃がさず駆除します。

そして戻り蜂(当夜巣に居らず、翌日などに帰宅してくる働き蜂の事)をうろつかせずに巣に誘引(巣が残っていれば当然うろつく事無く巣に入るので)し駆除し付近住人の安全を確保する為に駆除後の安全な巣を利用する為に残す場合が多かったです。

スズメバチが古巣を再利用する事はありません。

同じ場所にスズメバチが巣をつくる事はありますが、その場合も古巣を破壊しながら自分達の巣を拡大していくので、スズメバチからしたら古巣は障害物となります。


大きな巣をつくる事で有名なキイロスズメバチは実は夜に睡眠を取ることは無く、巣の中で休んでるだけなので夜とは言えど下手な事をすれば一気に大量の働き蜂が巣から溢れ出て来て襲いかかってきます。

自分はスズメバチ用の防護服は所有してはいますが、蜂の音や幼虫の音、気配を感じるのに邪魔だし必要な時素早く動けないし、何より手先の細かい作業が上手く出来なくなるので全体の八割ぐらいの現場では防護服着ること無く駆除実施してました。

防護服着るのは、足場が悪くて蜂が来ても対応が出来ないのが予想される現場などでだけで、特に天井裏に入る時は「音」「気配」「退路確保しながら進み、必要な時に、体重をかけられる僅かな場所を選んで素早く移動」が重要なので、まず防護服を着ることはありませんでした。(現場によっては例外はありました)


スズメバチの毒針で刺されると痛いので嫌なので(天井裏の中ではスズメバチ来ても基本的に回避行動はとれません。そうならないよう事前に予測して退避行動をとるのは基本なのですが)、

反撃でスズメバチに飛び立たせる事無くやるのが上出来で、スズメバチを飛ばせたり、取り逃がしたりするのはよくないと自分は考えて実行してました。

住人の方々が家にいて気付かない位にスズメバチに何もさせず巣の中で駆除するのが理想です。

スズメバチが飛び回るということは、誰かが襲われる危険な可能性が飛び回ってるという事なのです。

駆除の説明は当然するのですが、苦労して施策を組み上げて理想に近い駆除を行った時、中には「本当に駆除やったんかいな」などと言われた時は地味に心に響いたのを覚えてます。

もちろん、ほとんどのお客様はそんな事言われませんが、危険な作業を一生懸命やってクタクタに疲れて終えた時に言われた嫌味はなかなか忘れないで覚えているものですね。忘れるべきなので記憶から消す努力はするつもりです。

他にも「スズメバチの女王蜂を殺さずに、あそこの家につけて巣をつくらせた」などを聞いた時には笑ってしまいました。そういうスズメバチの操り方は私は知りませんので。


そんなこんなでスズメバチ駆除の実際の様子の一部を書き記してみましたが、鋭い方は気がつかれてると思います。


視力の事です。


もちろん目が良い事に越した事はありません。
乱戦や接近戦をせざるをえない時、蜂の体の捻りや、ダッシュ前の「ため」など音や気配で拾いにくい情報は視力が良ければ1秒とかコンマ何秒早く気付けて、その分早く体重移動や移動先の確認に時間を使えます。

体重を半歩早く 移動出来てれば、上半身を捻れる可動域は大幅にマシになり主導権の維持にもつながります。


なのですが自分は視力は0.8程度で免許証の更新の時には毎回車用の眼鏡持参してる位です。

色々工夫してスズメバチ駆除に支障無いように取り組んでましたが、正直巣の位置の最初の確認(基本巣の遠方から指さしで教えてもらうようにしてました)や羽音を消して飛ぶスズメバチや気配を消してるスズメバチ(スズメバチは相当賢いんです)の発見は聴覚と気配感知に頼る部分の多かった自分は「目が良かったらなぁ」と思う事が時折ありました。


そんな視力に自信の無い自分なのですが



自分史上初


なんと車を運転してる時に、木の枝にぶら下がるニホンミツバチの蜂球を発見しました。

視力には本当に自信なかったのですが、冷たい風がビュービュー吹く夕方、ニホンミツバチの方が寒さに耐えかねて見つけてくれと訴えたのかもですね。

安全を確認し準備し、蜂球の位置も低く難なく収容しました。
人になれてる感じがしないので山から来た野生群の分蜂群かもしれません。

重さは950グラムでなかなかの群でした。

しかし、今年は例年に比べ、このような「山のニホンミツバチ野生群」が激減してるように感じます。

広島県との県境に近い所に蜂の道具を御宅に置かせていただいてる方と昨日お話してる時も、毎年畑のボリジの花にニホンミツバチが今の時期たくさん見かけるのに今年は一匹も見かけない、との話でした。


山間部の川沿いの所の小高い場所のとても条件の良い御宅に許可を得てキンリョウヘンと待ち巣箱を置かせていただいてるのですが、今の時期多くの偵察蜂や外勤蜂を四方八方にニホンミツバチ群は飛ばしてるはずなのですが、全く気配無くキンリョウヘンに偵察が来ません。

キンリョウヘンの誘引効果は強力なので、風通しの良い好条件の場所なら、付近に分蜂群がいれば偵察蜂はほぼ確実に来るのですが、みられません。

自宅など、自分のニホンミツバチ保護飼育巣箱がある場所でも、その自宅からの分蜂が出た時にのみ近隣に設置させていただいてるキンリョウヘンと待ち巣箱に偵察蜂が来るのですが、それ以外のタイミングではニホンミツバチ偵察蜂が来ないのです。

例年なら山の野生群が、いくつかは山から降りてきて偵察なり入居なりして来てる時期なのですが、自分の保護飼育してるニホンミツバチ達以外にニホンミツバチ達を見かけないのがとても気になってました。


ので、自宅からはかなり遠い場所ですが山からの野生群と思われるニホンミツバチ群蜂球の発見はとても嬉しかったです。

しかし、山間部の面積が70パーセントを越える田舎の島根県なのに、その山間部の住人であるニホンミツバチ達が減ってるのを実感してしまうのはとても寂しい事です。


ニホンミツバチ達の為、少しでも頑張っていきたいです。


ノシ

一覧に戻る

リターン

5,000

【応援コース】ニホンミツバチの飼育活動を応援

【応援コース】ニホンミツバチの飼育活動を応援

ご支援への感謝のお手紙をお送りします。
ご支援金額は手数料を除き全額を飼育活動に充てさせていただきます。

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

5,000

ニホンミツバチの写真入りキーホルダー(小)

ニホンミツバチの写真入りキーホルダー(小)

感謝の印として、ニホンミツバチの写真が入った手作りのキーホルダーをお送りします。

支援者
2人
在庫数
28
発送予定
2020年7月

5,000

alt

ニホンミツバチの飼育方法についてアドバイス(メール)

飼育歴10年以上の佐々木が、取り組んできた実績をもとにニホンミツバチの飼育の注意点や工夫について、メールでお伝えします。質問にもお答えします。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年6月

10,000

蜂の写真入りキーホルダー(大)

蜂の写真入りキーホルダー(大)

感謝の印にニホンミツバチの写真が入った手作りのキーホルダーをお送りします。

支援者
0人
在庫数
30
発送予定
2020年7月

10,000

【応援コース】ニホンミツバチの飼育活動を応援

【応援コース】ニホンミツバチの飼育活動を応援

ご支援への感謝のお手紙をお送りします。
ご支援金額は手数料を除き全額を飼育活動に充てさせていただきます。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

10,000

alt

ニホンミツバチの飼育方法アドバイス(電話)

飼育歴10年以上の佐々木が、取り組んできた実績をもとにニホンミツバチの飼育の注意点や工夫について、メールでお伝えします。質問にもお答えします。

※お時間は1時間程度とさせてください

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年6月

30,000

【応援コース】ニホンミツバチの飼育活動を応援

【応援コース】ニホンミツバチの飼育活動を応援

ご支援への感謝のお手紙をお送りします。
ご支援金額は手数料を除き全額を飼育活動に充てさせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

100,000

【応援コース】ニホンミツバチの飼育活動を全力応援

【応援コース】ニホンミツバチの飼育活動を全力応援

ご支援への感謝のお手紙をお送りします。
ご支援金額は手数料を除き全額を飼育活動に充てさせていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

プロジェクトの相談をする