READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

戦後復興の象徴ライオン看板を掲げる東京下町の呉服店を助けて下さい

戦後復興の象徴ライオン看板を掲げる東京下町の呉服店を助けて下さい
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月3日(水)午後11:00までです。

支援総額

1,165,000

目標金額 2,000,000円

58%
支援者
49人
残り
9日
49人 が支援しています
ひらさわ呉服店 平澤建二
ひらさわ呉服店 平澤建二さんが2時間前に支援しました
としえ
としえさんが3時間前に支援しました
西條 亜利子
西條 亜利子さんが4時間前に支援しました

応援コメント
ひらさわ呉服店 平澤建二
ひらさわ呉服店 平澤建二2時間前新たなチャレンジ「クラウドファンディング」と知りびっくりしました!!  さすがです  微力ではございますがオーナーの挑戦を…新たなチャレンジ「クラウドファンディング」と知りびっくりしました!!  さすがです  微力ではございますがオーナーの挑戦を応援させて下さい   …
としえ
としえ3時間前独身の頃、商店街の近くに住んでいて、毎日前を通っていました。興味がありつつもなかなか中に入るタイミングも掴めずに過ごしていま…独身の頃、商店街の近くに住んでいて、毎日前を通っていました。興味がありつつもなかなか中に入るタイミングも掴めずに過ごしていました。子供が生まれ、浴衣…
西條 亜利子
西條 亜利子4時間前心より応援しております。少しでもお力になれれば幸いです。心より応援しております。少しでもお力になれれば幸いです。
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
4お気に入り登録
4人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月3日(水)午後11:00までです。

4お気に入り登録
4人がお気に入りしています

プロジェクト本文

町のランドマークとなった戦後復興のシンボル、
ライオン看板を掲げる東京下町の呉服店
コロナにゃ負けぬと立ち向かう85歳、車椅子の店主をご支援ください。

 

花火大会が軒並み中止で浴衣が壊滅。祭りも壊滅的で、祭ダボシャツなど祭り用品も壊滅的。

秋を過ぎても不調は断ち切れず、呉服屋の一大イベント七五三御祝も大打撃。

更にこの先、成人式の御振袖の売れ行きも全く見通したたず。

 

オーガニックコットン マフラー&手作りマスク  

 

2020年ももうすぐ終わりを迎える今、

コロナ・コロナ・コロナ禍で、着物を着るイベントや催しの全く先が見通せない日々が続いています。

そんな中でも苦闘と苦慮の末、店主長年の経験から、オーガニックコットンのマフラーから生み出した、

和風のマフラー&手作りマスクセットは、

メディアからの注目も浴び、

遠くは沖縄からのご注文もあったりと、

お陰様で大好評を頂きました。

しかし、それはあくまで急場しのぎの命綱。

このままでは初代から90年以上続いた呉服商いが

立ち行かなくなるのは明らかです。

 

東京 足立 西新井。関原の地で戦後の復興と共に立ち上がり歩んできた象徴ライオン看板を、「コロナなんかでおろしてなるか」と平成元年交通事故の被害により頸椎損傷、その後次第に症状が悪化し2度の大手術をうけるも車椅子での生活となった85歳の店主、平澤建二は立ち上がります。

 

コロナ禍での御祝いやイベント・催しの激減により、店の売り上げは、これまでに経験したことの無い壊滅的な状況で、廃業も覚悟せざるをえないところまで追い込まれてしまいました。

 

しかし、そんなピンチをチャンスに変えるため、店主考案の独自ブランド、KEKGブランドを更に拡充させ、着物や浴衣をベースにした、(おしゃれ取り入れやすい粋な)和風アイテムをより多くの皆さんにお届けしたい。また、店主と同世代の老齢練達の職人達による手仕事、ひいては日本の伝統文化たる着物文化を守りたい。更には、今では貴重なライオン看板を今までと変わらず掲げ続けるために。

どうか、ひらさわ呉服店の存続に皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

──────────────────────────────────────────────

 

 

~きものひらさわ・ひらさわ呉服店 プロフィール~

 

初代が番頭を務めていた丁稚奉公先の呉服屋が1929年(昭和4年)のどん底不景気により倒産。

墨田区向島、花柳界隣に借家をし、置屋と待合を相手に芸者さん達の衣装を整える【背負い呉服(しょいごふく)】今で言うセールス販売を始める。商売が軌道に乗ると、書生や小僧を置き、国産車ダットサンを買い入れるなど商いは順調そのもの。当時まだ珍しかった新婚旅行は実母と義母を連れ4人で、半月間九州一周を旅するなど周囲からは贅沢そのものと羨まれたエピソードも。

しかし、戦中、徐々に花柳界の商いが難しくなり、混乱をて避け昭和18年、足立区関原へ居を構える。戦後この地での商いも徐々に軌道に乗り始め、1947年(昭和22年)ライオン看板完成。その後、1954年(昭和29年8月)店主・平澤建二、高校3年生の時、初代が急逝。一時、廃業も検討されたが、母親のトミが6人兄妹を育てながら呉服業を引き継ぎ健闘する。

1961年(昭和36年)頃には、店主・平澤建二が本格的に店の経営を担うようになる。

1971年(昭和46年) 近隣の火災により店家屋が全焼するもライオン看板のみ残り、それを知った父と同世代の皆さんが、口々にライオン看板が無事で良かったと語るのを聞き、その後押しもあり、火災により傷を負ったライオン看板を再建し残すことを決意。時代が進むにつれ、東京中に沢山あったライオン看板も姿を消し、いつしか関原3丁目の交差点は、ライオン看板の角と呼ばれるようになり、都内最大唯一のものとして町のランドマークとしての存在が定着。

地域の人々からも愛され続けているライオン看板。2017年(平成29年)、綺麗に塗り替えを施され、誕生から73年たった今も力強くそびえ立ち、足立区関原の日常を温かく見守っている。

 

 

──────────────────────────────────────────────

 

 

~ライオン看板~

 

第二次世界大戦後、戦後復興と共に東京下町の多くの商店が掲げたペンキ塗りの一筆書きトタン看板。

 

当時、空襲の被害も酷く、多くの商店は、ありあわせの材料を元に急ごしらえで作り上げたバラック建築で建てられていた。そこに掲げられた看板は、通りに面した看板自体は立派でも、後ろの建物はみすぼらしい作り。まるでライオンのたてがみのような迫力ある姿でも、裏に回ると見えるお粗末さに、自虐や洒落っ気を込めてライオン看板と呼ばれるようになった。

やがてバラック建築の建物も時と共に増築や改築を迎えるようになると、それに伴いライオン看板は取り外されていく。下町の全域、上野浅草界隈にも数多くみられたライオン看板。今ではそのほとんどが姿を消した。

ひらさわ呉服店のライオン看板は1947年(昭和22年)に完成。

前面五間(約9m)横三間(約5.45m)半袖先一間(約1.81m) 全長十一間(約20m)

現存するライオン看板としては都内最大級

https://www.kimono-hirasawa.com/kanban.html

 

 

───────────────────────────────────────

 

 

~KENGブランド~

 

着物生地で作った名刺入れ、小銭入れなどの小物や帽子。

和装でも洋装でも合うお洒落なバッグの他、インパクトのある黒留袖のスカジャンなど、

より多くの方に世界に冠たる日本の伝統着物の美を楽しんでほしいとの想いから生まれた

独自ブランドです。

名刺(カード)入れ              小銭入れ・札入れ                帽子        
バッグ         
きものロアアロハ             黒留袖スカジャン             ゆかたアロハ       

 

https://www.kimono-hirasawa.com/keng.html

 

───────────────────────────────────────

 

~あるじ 平澤建二 プロフィール~

 

1935年(昭和10年)2月19日生まれ 85歳

幼児期は転地療養をしなくてはならないほど小児喘息が酷く、国民学校1年生を落第。国学院大学付属高校3年時に、父が急逝。莫大な負債が残るも、校長と英文教師に学費を救済され大学に聴講生として通う。

 

1961年(昭和36年)頃、母トミより店主を受け継ぐ

1973年(昭和48年)信州白馬村古民家を求め、スキー民宿を始める

1985年(昭和60年)白馬村岩岳スキー場前にペンションKENをオープン

1987年(昭和62年)白馬村岩岳スキー場前に列車アルプス号を設置しカレーハウス開業

 

次々と新しい事業に乗り出していた矢先の1989年(平成元年)、交通事故の被害に遭い頸椎を損傷。

直後はその症状の酷さ気づかずいたものの、急激症状が悪化し改めて病院を受診。

そこで症状の重さが判明し、頸部を23cm切り開き、頸椎の間の椎間板を除去。3箇所に腰骨を移植。

17cm位のステンレス版を頸椎に張り付けしてネジ止めする生死をかけた手術を受ける。

以後、障害のため身体不自由になり、白馬の民宿やペンションなどを手放し、療養と家業の呉服屋に専念するが、徐々に症状が悪化。2007年 (平成19年)再手術を受けるも、歩行不自由となり車椅子での生活を送る。

これまで、「浴衣を着てサッカー観戦」イベントを発案したり、女子ソフトボール世界選手権大会に協賛し最高殊勲選手賞として「振袖」を提供するなど、世界に冠たる日本の着物文化、和装の普及に精力的に活動する他、お洒落に着られるアロハや使える和洋どちらの装いにも合うバッグを販売。更に今年は、和風のコットンマフラー&マスクのセットを考案したりと、時代にも合うような取り組みも積極的に行っている。その為、メディア取材を受けることも多く、それを通じて知り合った著名人との親交も厚い。

 

──────────────────────────────────────────────

 

~プラン~

【20000円】

きものひらさわで使えるお買い物券2万円と和風マフラー&手作りマスクセット×2

 

 

 

ひらさわでのお買い物(2万円以上)で使える2万円のお買い物券と、和風マフラー&手作りマスクを2セット(男性用、女性用のご希望は備考欄にお書きください。)

 

 

 

※お買物券の有効期限は2021年8月1日 日曜日迄となります。

 

─ ───────  ───────  ───────  ───────  ────────

 

【10000円】

きものひらさわで使えるお買い物券1万円と和風マフラー&手作りマスクセット

 

 

ひらさわでのお買い物(1万円以上)で使える1万円のお買い物券と、和風マフラー&手作りマスクのセット(男性用、女性用のご希望は備考欄にお書きください。)

 

 

 

 

※お買物券の有効期限は2021年8月1日 日曜日迄となります。

 

─ ───────  ───────  ───────  ───────  ─

 

【5000円】

きものひらさわで使えるお買い物券5千円と名刺入れ

 

 

 

ひらさわでのお買い物(5千円以上)で使える5千円のお買い物券と、名刺入れを1つお届けします。

 

 

 

 

※お買物券の有効期限は2021年8月1日 日曜日迄となります。

 

─ ───────  ───────  ───────  ───────  ────────

 

 

【3000円】

きものひらさわで使えるお買い物券3千円とポケットティッシュケース

 

 

ひらさわでのお買い物(3千円以上)で使える3千円のお買い物券と、ポケットティッシュケースを1つお届けします。

 

 

 

 

 

※お買物券の有効期限は2021年8月1日 日曜日迄となります。

 

─ ───────  ───────  ───────  ───────  ────────

 

【500円】

御礼お葉書

クラウドファンディング成功への感謝を記したお礼のお葉書をお送りします。

 

 

──────────────────────────────────────────────

 

頂いた支援の使い道

 

プロジェクトが成立し、皆様から頂戴したご支援は、ひらさわ呉服店存続の為に、KENGブランドの商品開発とその作成に携わる老練職人たちへの支払い。また、ご支援いただいた皆様へのリターン商品の作製及び発送の費用に使用させて頂きます。

 

 

 

プロジェクト成立時のスケジュール

 

リターンの発送は2021年2月中を予定しております。

お買物券は皆様のお手元に届きましたら、2021年8月1日 日曜日まで、

ひらさわ呉服店でのお買い物で御利用いただけます。

 

──────────────────────────────────────────────

 

 

~おしまいに、改めましてお願いです~

 

 

気がつけば、コロナ・コロナ・コロナで過ぎた2020年。

いつもの年であれば、大勢のお客様の笑顔や七五三を迎えるお子様たちの元気な笑い声で包まれるひらさわ呉服店も、とても静かで、まるで時が止まってしまったかのように本当に寂しい日々が続いています。戦後復興を共に歩み、火災の難からも何とか逃れたライオン看板。卓越した手仕事で、世界に冠たる日本の着物文化発信に貢献してくれている老齢練達の職人たち。この2つをコロナなんかで失ってなるものか。そんな思いからのクラウドファンディングへの挑戦です。

どうか皆様、ひらさわ呉服店の存続にお力をお貸しいただけますよう何卒お願いいたします。

 

 

 

 

※本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

 

※掲載した写真と動画は全てプロジェクトのためにひらさわ呉服店が撮影したものです。

 

 

【プロジェクト終了要項】

 

運営期間    
2021年4月10日から2021年8月1日 日曜日まで

 

運営場所    
東京都足立区3-4-5 ひらさわ呉服店

 

運営主体    
ひらさわ呉服店 代表 平澤建二

 

運営内容詳細    
ひらさわ呉服店存続のため店舗運営及びKENGブランド商品開発

プロフィール

リターン

500

alt

御礼お葉書


クラウドファンディング成功への感謝を記したお礼のお葉書をお送りします。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

3,000

きものひらさわで使えるお買い物券3千円とポケットティッシュケース

きものひらさわで使えるお買い物券3千円とポケットティッシュケース

ひらさわでのお買い物(3千円以上)で使える3千円のお買い物券と、ポケットティッシュケースを1つお届けします。

※お買物券の有効期限は2021年8月1日 日曜日迄となります。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

5,000

きものひらさわで使えるお買い物券5千円と名刺入れ

きものひらさわで使えるお買い物券5千円と名刺入れ

ひらさわでのお買い物(5千円以上)で使える5千円のお買い物券と、名刺入れを1つお届けします。

※お買物券の有効期限は2021年8月1日 日曜日迄となります。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

10,000

きものひらさわで使えるお買い物券1万円と和風マフラー&手作りマスクセット

きものひらさわで使えるお買い物券1万円と和風マフラー&手作りマスクセット

ひらさわでのお買い物(1万円以上)で使える1万円のお買い物券と、和風マフラー&手作りマスクのセット(男性用、女性用のご希望は備考欄にお書きください。)

※お買物券の有効期限は2021年8月1日 日曜日迄となります。

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

20,000

きものひらさわで使えるお買い物券2万円と和風マフラー&手作りマスクセット×2

きものひらさわで使えるお買い物券2万円と和風マフラー&手作りマスクセット×2

ひらさわでのお買い物(2万円以上)で使える2万円のお買い物券と、和風マフラー&手作りマスクを2セット(男性用、女性用のご希望は備考欄にお書きください。)

※お買物券の有効期限は2021年8月1日 日曜日迄となります。

支援者
22人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年2月
このリターンを購入する

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

本物のオリーブオイルの輸入販売と書籍の翻訳で市場を健全化したい!

SEHIRO Trading 合同会社 SEHIRO Trading 合同会社

#生活用品

4%
現在
13,000円
支援者
3人
残り
22日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする