READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

目指せ!15分以上のちぎり絵アニメ制作!

大塚敦司

大塚敦司

目指せ!15分以上のちぎり絵アニメ制作!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は4月30日(金)午後11:00までです。

支援総額

39,200

目標金額 130,000円

30%
支援者
23人
残り
60日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
5お気に入り登録
5人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は4月30日(金)午後11:00までです。

5お気に入り登録
5人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

初めまして。Atsuka Productionの大塚と申します。

私は現在所属している職場で、障がい者の方の就労サポートに携わっていますが、そこでの体験が今回のプロジェクトのテーマとなる「ちぎり絵アニメ」を思いついた起因となっています。

仕事の現場では古紙が大量に発生する場合がありますが、障がい者の方の技能訓練や、就労業務の中で、その古紙をなるべく破棄し易いようにシュレッダーにかけてもらったり、ハサミでカットしたり、時には手で細かくちぎって処理してもらっています。その過程を日々目にする中で、何かもうひと工夫できないだろうかと考えるようになりました。もちろんお仕事なので、単調も多様もない話ですが、日々の仕事にプラスアルファの楽しさや喜びを生み出せないかと。そこで、思いついたのが「ちぎり絵アニメ」でした。

「ちぎり絵」というのは、手などでちぎった紙を台紙に貼って表現した作品のことを言います。貼り絵、コラージュとも言われます。紙のちぎれた部分の質感などが独特な雰囲気を醸し出します。

一方「アニメ」は、一般的にはテレビアニメのように、1枚1枚に絵を描いて動かすものとなりますが、例えば30分のアニメを作るには、約3000枚の絵を用意する必要があります。大人数の制作者が関わり、尚且つその枚数ごとのクオリティーも統一されていなければいけません。1枚1枚を仕上げていくその過程には制作者の大変な労力が必要とされます。

「ちぎり絵アニメ」とは、そういった「ちぎり絵」独自の表現と、「アニメ」の制作労力を併せたモノになります。

日々、障がい者の方が処理する古紙の中の印字されたプリント用紙は、それ自体が模様やカラーのある画材であり、着色すれば色紙にもなります。それらを活かせば、充分にちぎり絵制作が可能と思われました。さらに、大量の古紙と着実にノルマをこなしていく制作者、その関係性が成り立てば、数枚だけに留まらず、幾枚もの作品制作が展望でき、大量の絵を必要とするアニメ制作さえ可能であると思いました。

このような経緯で、「ちぎり絵アニメ」は始まりました。

ただ、アニメを制作して終わりではなく、作品となれば発表する場も必要です。並行して考えていたことは、「ちぎり絵アニメ」を制作し、YouTubeなどの動画コンテンツに投稿することです。そうすれば、いつでもどこでも作品を目にすることができ、制作者本人も作品に携わったことが実感できます。もちろんこの活動を世間に知って頂く機会にもなりますし、その結果は必ず制作者の今後の意欲にも繋がっていくと思いました。

その後、まだまだ数える程度ですが、YouTubeにて作品を動画投稿し発表しております。作品を見知って頂いた方にも好評で、制作に携わった障がい者の方々の制作意欲にもつながっており「ちぎり絵アニメ」の今後の可能性を肌で感じています。

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

現在、この「ちぎり絵アニメ」をさらに発展させていきたいという思いのもと、これまでアニメ自体の長さがせいぜい1分前後だった作品づくりに、もっとボリュームを持たせるため、15分以上のアニメ作品を制作することを目標にして取り組もうとしています。

原稿枚数にして約2000枚以上が必要となり、必要なコストや制作労力を考えると大変なチャレンジになります。そこで、このたびはアニメ制作のスタートラインに立てるようにコスト面のご支援をいただきたくプロジェクトを立ち上げました。

 

 

▼プロジェクトの内容

今回のプロジェクトでは、皆様からのご支援をいただいて、15分以上のちぎり絵アニメ制作に必要なコストを補います。リターンではちぎり絵アニメ制作キットをご用意し、配送いたします。ぜひ、ちぎり絵アニメ制作を体験してみてください。制作し返送いただいたそのアニメ原画も勿論使用させていただきます。完成したアニメのエンドロールにはアニメーターとしてお名前も載せさせていただきます。

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

今回のプロジェクトをきっかけに私たちのちぎり絵アニメを知って頂き、いずれは制作自体にも多くの方が参加いただけるようなプロジェクトも考えています。内容としては、ちぎり絵アニメ制作キットを用意し、それを制作希望者に配布し、一人一人がアニメーターとなって頂くというプロジェクトです。

ちぎり絵アニメを動画コンテンツや様々なメディアでも発表。ちぎり絵アニメキットのさらなる普及。アニメ業界関係者の方とのコラボ。作品もよりストーリをもたせ、短編から長編へ。動画コンテンツに留まらず、会場での上映会の実施。併せて、アニメ原画展、原画コンクールの開催。ちぎり絵アニメの取り組みを一部地域から、日本全国へ、そして世界へと飛び立たせていく。地球全体で取り組めるような企画にしていけたらと思っています。

これまでのちぎり絵アニメの取り組みの中で感じられた制作活動の素晴らしさや感動をもっと拡げていきたいという思いと、ちぎって貼るという制作方法が、国や地域、老若男女問わず、又、一人で黙々と取り組むだけではなく、親子、兄弟、友人、知人、恋人同士など、コミュニケーションを取りながら、様々なシチュエーションでも制作可能ではないかと思っています。ちぎり絵は現在のコロナ禍の中でも取り組むことのできる制作活動でもあると思うので、多くの方が携わり、盛り上げることのできるお化け企画にしていきたいです。

 

ちぎり絵アニメ過去作品

 

ちぎり絵アニメ制作キット使用ガイド

 

【プロジェクト終了要項】

製作物    ちぎり絵アニメ

製作完了予定日    2021年11月30日

製作個数    15分以上のアニメーション1本

その他    
本プロジェクト実行の為に必要な金額のうち、クラウドファンディングの目標金額との差額分に関しては、自己資金で賄う予定です。(2021年1月16日現在)
クラウドファンディングが成立したにも関わらず、上記計画通り差額分を確保できなかった場合、規模を縮小して実施を予定しております。

 

 

 

 

 

プロフィール

大塚敦司

大塚敦司

AtsukaProduction を2015年7月13日に設立。 名古屋市に拠点を置き、似顔絵やオリジナルキャラクターを交えたイラスト制作やラインスタンプ制作、映像制作を承る傍ら、2020年から「ちぎり絵アニメ」の企画を立ち上げ、株式会社DIPPSの協賛のもと、障がい者就労支援サービス事業所の就労コミュニティーセンターAbbeyへちぎり絵アニメ制作の着色工程を業務委託している。

リターン

800

ちぎり絵制作キットであなたも一緒にアニメーター。アニメエンドロールにお名前掲載!

ちぎり絵制作キットであなたも一緒にアニメーター。アニメエンドロールにお名前掲載!

ちぎり絵アニメ制作キット(アニメ原画、折り紙、スティックのり、キット説明書、保管用クリアファイル、返信用封筒※都合上内容一部変更あり)を配送いたします。ぜひ、ちぎり絵アニメ制作を体験してみてください。制作し返送いただいた原画も勿論使用させていただきます。完成したアニメのエンドロールにはアニメーターとしてお名前も載せさせていただきます。*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
 (https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年12月
このリターンを購入する

プロフィール

AtsukaProduction を2015年7月13日に設立。 名古屋市に拠点を置き、似顔絵やオリジナルキャラクターを交えたイラスト制作やラインスタンプ制作、映像制作を承る傍ら、2020年から「ちぎり絵アニメ」の企画を立ち上げ、株式会社DIPPSの協賛のもと、障がい者就労支援サービス事業所の就労コミュニティーセンターAbbeyへちぎり絵アニメ制作の着色工程を業務委託している。

あなたにおすすめのプロジェクト

達成

苦境の飲食店に届けたい!72歳らーめん屋のおやじが書籍出版に挑戦!

内藤 秀詩(朗人)内藤 秀詩(朗人)

#本・漫画・写真

115%
現在
1,158,000円
支援者
106人
残り
10時間

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする