私たちのチャレンジ“楽器づくりで、不安定な障がい者施設での賃金を改善させたい!”が明日までとなりました。ストーリーにもありますがこのチャレンジは現在の現場状況は不安定でどうにかして変えたいという思いでスタートしました。

取引先は、何社もあるのですが、常に景気の影響に左右され景気の良い時には、一定量の仕事を受けることが出来ますがその反対に景気が悪い時には、仕事が激減します。取引先に前倒しで御願いしたりしていますが、それでも作業をする事出来ない日があり、代わりにリクレーションをしたり、地域の掃除にでかけたりしますが、仕事が大好きな利用者さんたちは「仕事ないの?」と悲しげに聞かれます。早く仕事をしたいと言う気持ちを持っておられます。もちろん、仕事が少ないとボーナスにも影響は出てきます。

 

また、作業所での請負作業は取り引き先からの単価がものすごく低く、利用者さんの工賃も微々たるものとなっております。若い利用者さんは、親御さんと一緒に生活されている方も多くおられますが、御高齢の方は、親御さんも高年齢になっておられたおりで、1人暮らしをしたり、兄弟と生活されている方もおられます。また、高齢の利用者さんは、身体の不調も多く、数多くの病院へ通っておられますが、少ない年金と工賃だけでは毎日の生活も大変で、こらから先の事に対してもすごく不安な気持ちを持っておられます。皆との旅行も諦めたりされる方もおられます。利用者さんの不安を解消するための一つとして、今回のカスタネットづくりを是非、成功させたいと思っております。残り時間も限られていますが今一度、ご協力の程宜しくお願い致します!

新着情報一覧へ