プロジェクト概要

8月7日に福井県松原海岸で親子で楽しめる地引網体験と

バーベキューを実施します!

 

初めまして、出雲晴夫67歳です。福井県内の自然体験を通じて、関西・中京地区の親子と県内の親子と一緒に約10年前から交流を重ねてきました。また、子どもの貧困問題として、無料または格安で提供する「子ども食堂」が全国で広まってきているのを受け、県内のオーナーシェフ有志と一緒に、本格的なフランス料理を、子ども達に格安で提供する活動をしています。豪華な雰囲気の中で、親子でゆっくりご堪能頂き、オーナーから食事マナーや食育を学んでいます。

 

今回は、ひとり親家庭の子ども、余裕のない家庭の子ども達に、地引網体験と海鮮バーベキューを提供するプロジェクトを実施します。ここ数年、福井県の松原海岸で夏休み等を使って、子ども達に素敵な思い出を作ってもらおうと行ってまいりましたが、それぞれのご家庭から費用を頂くことが難しい状況となっており、継続するためには、皆様からの助けが必要です。

 

子ども達の心豊かな成長を願って、ぜひご支援をお願い致します。

 

海の側でバーベキューを楽しんでいただけます

 

子どもの6人に1人が貧困という現状があります。

引きこもりの子ども達に自然を触れ合う時間を作ってあげたい。

 

2014年厚生労働省の推計によると、子どもの貧困率が全国で6人に1人、その背後には、ひとり親家庭の貧困率が54%と過去最悪を更新しています。10年間様々な親子と交流を続けてきましたが、1人で子育てしているため、なかなか子どもとの時間が作れず、未来ある子ども達が引きこもりになったり、育児で孤独になる母親など、問題を抱える状況を知りました。社会との関わりが少なくなり、悩みを抱えながら孤立しないためにも、地域で見守っていく必要があると感じています。

 

また、家庭に引きこもり、ゲーム三昧の子ども達と、公園や自然と触れ合う子ども達は、成長過程で大きな心の差が生じます。引きこもりの子ども達は直ぐに「キレやすい」との結果もでています。我々が未来に担う役割は、できるだけ多くの子ども達に自然豊かな環境と触れてもらい、健やかに育ってもらうことです。

 

緑と白のコントラストが綺麗な松原海岸で

30組の親子に特別な夏休みを!

 

そこで、企画しているのが地引網体験と海鮮バーベキューです。地引網体験の場所は、日本三大松原のひとつに数えられる気比の松原にある海水浴場。若狭湾国定公園の一部にもなっており、松の緑とビーチの白のコントラストが綺麗な場所です。そんなどこまでも続く海のそばで、子ども達にとびっきりの夏休みの思い出を作ってもらおうと考えています。

 

自然を相手の地引網体験は、大漁日もあれば、少ししか獲れない日もありますが、みんなとやるからこそ、とても楽しい経験となります。そして、バーベキューでは、海鮮と肉を焼いて、親子で楽しんで頂けます。普段、なかなか思い出が作れない親子にとって、海を眺めながらのバーベキューは普段の何倍もの体験になるはずです!

 

地引網を世代を超えて皆で楽しんでいます

 

地域の子どもは地域で見守り、子どもの未来を明るく変えていく

手助けになればと思っています

 

地引網で獲れた魚を掴みながら、記念写真を撮る笑顔は最高の顔であり、苦しい時の励みにもなる顔でもあります。また、自分で獲った魚のから揚げは、最高の美味しさであり、一生忘れない思い出となるでしょう。ひとり親家庭で育ったことで、いじめの対象となったり、1人でご飯を食べるなど、寂しく暗い感情が過去にあったとしても、自然体験を通じて、団体行動のルールや自然の大切さを学び、心豊かな優しい子ども達に成長する事を願っています。

 

家庭での孤食や引きこもり等になりがちな子ども達に、広い海を相手に地引網を体験、獲れた魚のから揚げや海鮮バーベキューを体験して、心豊かな気持ちと明るい未来を感じ取って頂くために、ぜひご支援をお願い致します。

 

 

海を見ながら海鮮を焼くバーベキューは格別です