READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
NEW

仙台と光州市の姉妹都市20周年を応援し国際交流展を両国で開催したい

仙台と光州市の姉妹都市20周年を応援し国際交流展を両国で開催したい
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は9月30日(金)午後11:00までです。

支援総額

230,000

目標金額 1,700,000円

13%
支援者
2人
残り
53日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は9月30日(金)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 

仙台市と韓国光州広域市が「姉妹都市締結」を行って今年で20周年となりました。

仙台と光州広域市の姉妹都市20周年を応援し、友好を深める国際交流展を両国で開催したい。

ひいては日本と韓国の親善の為の礎になりたい。

 

 

2022年は仙台市(日本)・光州広域市(韓国)との姉妹都市締結20周年となる節目の年であることを踏まえ、両市の永遠の発展と協力関係をより強固にしたい、という思いから民間レベルでの互いの文化交流を活発化させたいという思いを巡らせた時、東北の若手育成を目的として行ってきたデザインコンペとしての展覧会の開催が中止となったことなどを踏まえ、昨年の段階で在仙各メディアの方々には、2022年の仙台市と光州広域市との姉妹都市締結 20周年を前に仙台市と韓国との信頼関係を築く礎にしたい考えを示し、仙台市と光州広域市の2国間での開催を計画した旨を告知いたしておりました。 姉妹都市関係にある日本と韓国における友好関係の強化を目的とする国際展覧会の開催を成功させ、新たな未来思考での両国のデザイン界の若手の育成を後押しする礎となることを目指します。

 

「5 年に1 度の国際交流デザインアート展Goodwill exhibition」は、プロのデザイナーおよび将来 プロになることを志している学生の研鑽の場でもあり、将来性のあるデザイナーの登竜門として、 5 年に1回、と言わずとも定期的に開催していきたい交流イベントでもあります。 第1 回目となる今年は、仙台市( 日本)・光州広域市( 韓国) との姉妹都市締結20 周年記念の年と位置付け、今回の募集テーマは『友好・親善』。未発表の作品に限りますが、一 般部門(企業デザイナー)、学生部門(デザインおよび芸術学科のある専門学校・高等専門学校・ 大学の学生)を対象とし、東北地区在住・在勤者だけにとどまらない広いスケールでデザインの応募作を受付ます。

 

仙台展の会場は、トークネットホール仙台・仙台市民会館展示室 〒980-0823 仙台市青葉区桜ヶ丘公園4 番1 号 ( 仙台市民会館本会場 ) にて行いますが、「国際交流デザインアート展Goodwill exhibition」(展覧会への作品の出品希望者の申し込み方法などに関しては、2022年9月中旬頃に正式な募集要項としてのカラーパンフレットや作品応募用紙、作品の送り先・送付方法 、出品料の振り込み専用口座としての正式口座名義(国際友好展 実行委員会・略称)などを記述した詳細な

資料を、日本の場合は、国内のデザイン関連団体・芸術美術大学・デザイン専門学校などに事前に

お送りさせていただきます。 韓国での募集は、「光州広域市事務局」はじめ、光州広域市のデザイン関連団体・芸術美術系大学・デザイン専門学校などの機関宛にハングル語による応募パンフレット・応募資料を到着期間などを考慮し日本よりも少し早めに発送します。

 

●光州広域市事務局/大韓民国光州広域市 山口外国語専門学院 韓日文化交流センター

 〒61962 光州広域市 西区 治平路18 ‒205(文 孝永副会長  宛)

    

・また、作品応募用紙などを直接入手希望される方は、日本国内においてのみ、

● 仙台事務局/スターデザイン株式会社仙台支社 知的創作研究所( 統括本部責任者/原田純一)宛

    〒982-0261 仙台市青葉区折立1丁目7-3(仙台統括事務局) ・連絡先 : 080-5828-2951

 

封書或いは、お電話でお申し込みいただくことも可能です。ご希望の送り先にお届けいたします。

 

光州広域市にての展覧会は、仙台展の終了後、韓国光州広域市の指定の会場にて開催いたします。

光州広域市での出品作品の募集に関しては、仙台展開催の前に、関係者はじめ、光州広域市事務局より、具体的な発表が出てまいります。詳細が決まり次第、「5 年に1 度の国際交流デザインアート展Goodwill exhibition」ホームページにて発表いたします。

 

●パンフレット①

 

●パンフレット②

 

●パンフレット③

 

今年3月より主催者となる「日韓友好支援会」5年に1度の国際交流デザインアート展「Goodwillexhibition」 実行委員会を結成。

 

仙台事務局は委員会の意向により、スターデザイン仙台支社知的創作研究所内に事務局を設置。

更に韓国光州広域市事務局として、大韓民国光州広域市 山口外国語専門学院 韓日文化交流センター  韓国実行委員/文 孝永( 韓国・副会長)の両国に実行委員会を設置いたしました。 これにより日本と韓国の両国において未来志向のアイデアをテーマとする作品を募集し、仙台市と光州広域市の両市にて「親善」を目的とする第一回目の展覧会を開きます。 実際に行う国際デザイン展活動は、今年2022年が仙台市と光州広域市との間で交わされた姉妹都 市締結20周年の記念行事として日韓の若手のデザイン文化活動の活性化を目指して日・韓両国民にて(友好・親善)をイメージしたビジュアルデザイン作品(ポスター)を制作・出品していただき、5年に一度の国際交流デザインアート展「Goodwillexhibition」を両国にて交互に開催します。

 

皆様方からの絶大な支援無くして国際交流デザインアート展は実現できません。より多くの皆様からの善意の支援を心より期待いたしております。何卒よろしくお願いいたします。

 

●日韓友好支援会(日韓の姉妹都市締結20周年の記念としての民間文化事業「5年に一度の国際デザインアート展」の支援会規約。

「5年に一度の国際姉妹都市記念デザインアート展として「Goodwillexhibition」を両国にて交互に開催します。

 

その先の未来の友好都市として親密な関係を築くことができる事で、将来に渡って両国の永遠の発展を目指す強固な協力関係(絆)が築かれることにより、日韓共に未来志向の世界平和 に繋がる基軸になると考えます。

 

 

日韓友好支援会

 

スターデザイン株式会社(代表取締役:金 豪中・会長/韓国)

光州広域市山口外国語専門学院 韓日文化交流センター(文 孝永・副会長/韓国)

韓国光州広域市  山口日本語学校(車    紀 鍚 / 韓国) 

株式会社一円(代表取締役: 坂本健介/ 日本)

在仙台韓国留学大学生支援グループ(日本)

STAR BOX仙台中央店

有限会社 元気物産(季 原奇/韓国) 

スターデザイン株式会社仙台支社 知的創作研究所(仙台事務局/日本)

5年に1度の国際交流デザインアート展「Goodwill exhibition」実行委員会

 

審査委員長  /  李 員交  イウォンギョ(韓国)

Social Designer/Producer(デザイン学修士・MBA取得)

https://ameblo.jp/won-gyo/entry-12333629001.html

 

●江原道江陵市生まれ

2001年3月檀國大學校 視覚デザイン学科入学、日本語能力試験2級に合格と同時に復学

檀國大學校 視覚デザイン学科卒業

2006年4月映画雑誌CINE21(株)に、 デザイナーとして入社

2009年5月映画雑誌CINE21(株)退社

2009年9月日本語能力試験1級取得

2010年4月筑波大学大学院 人間総合科学研究科 芸術専攻 情報デザイン領域 入学

2012年3月筑波大学大学院 人間総合科学研究科 芸術専攻 情報デザイン領域 修了

2012年4月小美玉観光協会 広報担当として雇用

2014年7月空のえきそ・ら・らオープン後、 2014年10月株式会社一円 入社

デザイナー/プロデューサーとして、引き続き空のえき「そ・ら・ら」 広報デザイン業務に従事するかたわら、地域に根ざしたデザイン業務を行っている。

2018年4月グロービス経営大学院 MBA(経営学修士)入学

2021年5月グロービス経営大学院MBA経営学修士修了、[ Awards ]アジアデジタル・アート大賞2010 入賞 ■[ Study ]2012年3月|水族館と来館者をつなぐインフォメーショングラフィックスの研究〜作品 「アクアワールド・大洗水族館のめぐりガイドマップ」及び研究報告書〜 A Study on the Information Graphics Connecting the Aquarium and the Visitors Work The Adventure Guidemap of the Aquaworld Oarai Aquarium with Research Paper

 

審査評議委員長  /  藤代範雄 

株式会社藤代範雄デザイン事務所   代表取締役  社長 |スイスモントルー国際広告芸術祭ゴールデンアワード国際審査員アジア代表 、  ニューヨークA D C会員 、  JAGDA  (  関東代表運営委員  ) 、  国民文化祭審査委員 、 ●藤代範雄|作品収蔵/ルーブル宮装飾美術館

 

皆様方からの心からの支援だけが頼りです。支援無くして2国間の友好親善は成り立ちません。 皆様からの大きな支援によってのみ目標が達成され、友好親善の礎が作られます。

 

皆様からの支援だけが頼みの綱なのです。これからの日本の将来を占う大きな支援となります。日本の未来にとって、何より大切な平和の礎となります。皆様、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

自己紹介

 

あらためまして、ページをご覧いただきありがとうございます。スターデザイン株式会社仙台支社  知的創作研究所の原田純一と申します。1954年3月27日、終戦後の山形の紅花の里河北町にて誕生。

 

●所属/スターデザイン株式会社仙台支社 知的創作研究所  所長

●公益社団法人 日本グラフィックデザイン協会正会員(現会員)

●本町ストリートフラッグ学生デザインコンペティション審査委員長・デザイングランプリTOHOKU審査総務委員・OAC(社)日本広告制作協会教育人材部会委員歴任。

●東北大学大学院工学研究科 都市・建築学専攻内せんだいスクール・オブ・デザイン修了

●ロンドン大学 コートールド美術研究所 専攻: 美術史中退

Jeffrey Broughton、University of London Reseach student

1978年インターナショナルコンプリヘンション主催ブロードシートデザインコンテストで優勝。表彰式が当時のロンドン大学で行われ、これが契機となり当時在籍していたジェフリー・ブロートン博士の招きにより、美術史研究科に留学。1年半後、父が癌のステージⅣという宣告を受けたことで帰国を決意。 

●資格/専修学校高等課程「芸術」教員資格 ・デザイン管理士・知的所有権管理士・POP広告クリエーター・レタリング技能検定1級

●受賞歴/1976年東北宣伝美術展ポスター部門特選 ・1976東北宣伝美術展入賞・1977年東北宣伝美術展ポスター部門入賞・1978年東京産業教育振興会主催 全国イラストコンクール銅賞 ・1978年インターナショナルコンプリヘンション主催ブロードシートデザインコンテスト優勝・2000年エッシャー記念超感覚ミュージアム公募展 金賞受賞。他

●展覧会出展歴/JAGDAポストカード展1998・JAGDAポスター展2000「DESIGN」・MCエッシャー記念超感覚ミュージアム展・JAGDAポスター展2001「JAPAN」・JAGDAポスター展2002「Warter for life」・JAGDA藍染デザイン展2004・OACクリボラ展2006・JAGDAポスター展2007・JAGDAブランドデザインExhibition2005・JAGDA Kawara Exhibition2009(東京ミッドタウン)・JAGDA企画展「生活の柄」テキスタイルデザイン2010・JAGDA PJ ハローサンロクゴ2010・東北せんだい再生みらい展2011・JAGDA震災復興企画ポスター展2011・JAGDA企画展「akari」2012・JAGDA Kawara Water Exhibition2012、2013、2014、(東京ミッドタウン)・JAGDAポスター展「Poster」2014・女川ポスター展2015出品。

●発 明/・新型携帯避難防護服「BOUGU」A1、B1タイプ。2017超立体貼り絵ジャパンアート制作発表。

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

2022 年は仙台市( 日本)・光州広域市( 韓国) との姉妹都市締結20 周年となる節目の年であること を踏まえ、両市の永遠の発展と協力関係をより強固にしたい。という思いから、両国における友好関係を進化させていきたい、という韓国思いのメンバーと共に思案の基、行政任せだけではなく民間レベルでの互いの文化交流を活発化させたいという思いを巡らせた時、東北のデザインの若手育成を目的として 行ってきたデザインコンペとしての展覧会がコロナ禍などで開催が中止となり3年間もの間、若手育成を目指して行うデザインコンペティションが行われていないことに大きな危機感を抱いておりました。

            

今年、仙台市と韓国光州市との姉妹都市締結20周年を迎えることで、仙台市との信頼関係を築く礎にしたい考えを公に示し、仙台市と光州広域市の両市でのデザインアート展を開催する計画であることを関係者初め、各在仙メディアの方々などにも告知いたしました。

 

●光州空港

 

●仙台国際空港

 

加齢と共に益々強く思う平和の尊さ、後継者の育成も含めてこれからの若い方々の為にも、日本の取るべき姿勢として、他国との友好親善を築くということの礎となりたいと強く思います。

 

日本と韓国の2国間での友好親善を目的とする国際デザインアート展の開催を成功させ、有能な才能の発掘及び若手の育成、親善活動により平和を守ることの重要性を身をもって示したいと切望します。

 

どうか、平和の尊さを示す為にも、皆様方からの絶大なる支援が何よりの頼みの綱となります。どうか、プロジェクトを成功させてください、よろしくお願いいたします。

 

プロジェクトの内容

 

                   ●開催概要↓

今年2月より主催元となる実行委員会を組織

5年に1度の国際交流デザインアート展「Goodwill exhibition」実行委員会。と命名

 

統括事務局はスタッフの意向により、スターデザイン株式会社仙台支社 知的創作研究所が実行委員会事務局及び統括本部として知的創作研究所 原田純一(プロジェクト実行責任者)に委任されました。

 

日韓友好支援会会長は、スターデザイン株式会社  代表取締役の 金 豪中(韓国籍・日本在住)、他、在仙留学学生支援グループや韓国メンバー、日本のデザイン会社なども実行委員として参画。

 

更に光州広域市の実行委員として、光州広域市山口日本語学校   代表取締役/CEO    車 紀 鍚( 韓国) 。光州広域市の事務局兼副会長として、光州広域市 韓日文化交流センター 文 孝永( 韓国側副会長・日本国籍)等、日韓両国に実行委員会事務局を置くこととなりました。

 

実際に行う活動は、今年2022年が仙台市と光州広域市との間で交わされた姉妹都市締結20周年記念行事として「5年に一度の国際デザインアート展「Goodwillexhibition」を開催します。

 

●仙台展覧会本会場/仙台市民会館  展示室

 

●仙台会場/仙台市民会館  展示室ステージ

 

●仙台会場/仙台市民会館 展示室・付随控え室

 

●仙台市民会館 展示室・主催者準備室

 

●皆様からご支援いただいた資金は以下に活用させていただきます。

・会場使用申請4日間の展覧会会場費用の一部。
・展示会場の展示設営スタッフ及び管理運営を委託する学生アルバイトスタッフ10名の管理費用。
・在仙各メディアや、宮城県・仙台市を含めた各関係機関に対する名義後援依頼書の作成と返信用封筒による郵送依頼。
・国際交流デザインアート展「Goodwill exhibition」の開催告知に向けたWebページデザインなどの正式依頼。
・展覧会の開催告知の予告ポスターなどのデザイン制作と印刷手配。
・作品募集を行う為の「日本語とハングル語バージョンによるパンフレット・募集要項・応募用紙等の印刷手配。
・会場告知バナー・DM・動画撮影・式典準備などの機材・カメラマン・ライターなどの手配と印刷物の手配。
・韓国事務局スタッフとの準備状況の確認など現地に伺い、同等の会場予約や作品の搬入・搬出予約、及び韓国スタッフの確保。
・全国のマスメディアに対しての、取材の依頼・パブリシティの依頼などの正式活動の実施。
・審査委員及び審査委員長、審査評議委員長など審査費用や外部の方々の宿泊予約等の確保。などに活用させていただきます。

 

 

プロジェクトの展望・ビジョン

 

未曾有の大震災と言われた東日本大震災における死者・行方不明者数18,423人の大災害を乗り越えた仙台市、光州広域市との姉妹都市締結が大きな役割を果たしました。両市の永遠の発展と協力支援のご縁が結んだ「姉妹都市」とは親善と文化交流を目的として特別に提携した二国間の都市のこと。

 

姉妹都市の提携をすると、展覧会や各種公演の開催により、その都市との文化交流が活発化します。 これにより、お互いに教師の派遣や交換留学を通して、グローバル教育が進むことが期待されます。

 

●光州広域市庁、商務地区歩行専用道路光景

 

●仙台市広瀬通の宮城野橋方面を見た光景↑

 

さらに、各役所にその都市の窓口が開設されることで、海外進出を目指す企業にとっては書類申請などがスムーズになるというメリットも挙げられます。

 

市民レベルでは、互いの都市の文化交流が活発化することで、その先の未来の友好都市として親密な 関係を築くことができる事で、将来に渡って両市との関連国も含めた永遠の発展を目指す豊かな平和的協力関係が築かれることになります。

 

今回、両国の市民レベルでの文化交流の一環として、親善展(Goodwill exhibition)を開催いたします。 両国の将来において、友好・親善がもたらすものを「イメージ表現」したビジュアルデザイン、完成形は、・一般部門(B全判ポスター)・学生部門(B全判ポスター)として出品し、一時審査を経て展覧会を開催するものです。

 

仙台市で開催後、光州広域市にて開催されます。2国間が互いに協力して行う民間レベルにおいての展覧会は、未来志向の文化的友好親善を通じて、日本と韓国のより良好な友好関係を築きたいと考えています。

 

この2国間の友好親善が国際平和に繋がるものと期待します。 みなさまどうか、2国間の友好親善の展覧会を成功させてください。よろしくお願いします。

 

 

応援メッセージご紹介

 

 

 

株式会社藤代範雄デザイン事務所 代表取締役社長  藤代 範雄

 

●茨城在住の世界的アーティスト Norio Fujishiro

 

㊗仙台市・光州広域市 姉妹都市締結20 周年記念としての・・5 年に一度の国際交流デザインアート展「Goodwill exhibition」第一回目の今年は、スタッフ全員がボランティアとしての活動と聞いています。


日本の平和と安全を守る一助となるべく日本と韓国、両国の信頼関係と友好関係を親密にする為の展覧会、是非、多くの皆様方の支援に期待いたしております。


---------------------------------------------------------------
●藤代範雄のプロフィールURL
http://norio-fujishiro.blogspot.com/2008/06/blog-post_06.html
---------------------------------------------------------------

 

プロジェクト実行責任者:
原田純一(スターデザイン株式会社 )
プロジェクト実施完了日:
2022年10月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

仙台と光州広域市の姉妹都市20周年を応援し、友好を深める国際交流展として「5年に一度の国際デザインアート展「Goodwillexhibition」を開催します。 ご支援金は以下に活用させていただきます。 ・会場使用申請4日間の展覧会会場費用の一部。 ・展示会場の展示設営スタッフ及び管理運営を委託する学生アルバイトスタッフ10名の管理費用。 ・在仙各メディアや、宮城県・仙台市を含めた各関係機関に対する名義後援依頼書の作成と返信用封筒による郵送依頼。 ・国際交流デザインアート展「Goodwill exhibition」の開催告知に向けたWebページデザインなどの正式依頼。 ・展覧会の開催告知の予告ポスターなどのデザイン制作と印刷手配。 ・作品募集を行う為の「日本語とハングル語バージョンによるパンフレット・募集要項・応募用紙等の印刷手配。 ・会場告知バナー・DM・動画撮影・式典準備などの機材・カメラマン・ライターなどの手配と印刷物の手配。 ・韓国事務局スタッフとの準備状況の確認など現地に伺い、同等の会場予約や作品の搬入・搬出予約、及び韓国スタッフの状況の確保。 ・全国のマスメディアに対しての、取材の依頼・パブリシティの依頼などの正式活動の実施。 ・審査委員及び審査委員長、審査評議委員長など審査費用や外部の方々の宿泊予約等の確保。などに活用させていただきます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
差額分については自己資金にて補填いたします。

プロフィール

国際交流デザインアート展Goodwill exhibition

国際交流デザインアート展Goodwill exhibition

主催/日韓友好支援会(5年に1度の国際交流デザインアート展「Goodwill exhibition」) プロジェクト実行責任者/原田純一(スターデザイン株式会社) 日韓友好支援会会長/スターデザイン株式会社 代表取締役 金豪中( 韓国/日本在住) 仙台事務局/スターデザイン株式会社仙台支社 知的創作研究所(担当/原田純一) 光州事務局副会長/光州広域市山口外国語専門学院 韓日文化交流センター(文孝永.韓国) 実行委員/在仙留学大生グループ(韓国籍)・国際交流支援会学生グループ(韓国) 実行委員/株式会社一円 代表取締役社長 坂本健介(日本) 実行委員/STAR BOX仙台中央店(日本)  実行委員/有限会社 元気物産 代表取締役 季 原奇(韓国) 審査委員長/李 員交(国籍/韓国)Social Designer :Producer(デザイン学修士MBA取得)

リターン

10,000+システム利用料


国際友好デザインアート展 Goodwill exhibition

国際友好デザインアート展 Goodwill exhibition

●感謝のメール
●スターデザイン知的創作研究所オリジナルボールペン1本。
●フルカラー展覧会作品集。1冊をお送りいたします。
・希望者の方は、国際友好デザインアート作品集、展覧会ホームページにお名前掲載。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

30,000+システム利用料


国際友好デザインアート展 「Goodwill exhibition」

国際友好デザインアート展 「Goodwill exhibition」

●感謝メールお送りします。
●展覧会作品集10冊
●JAGDA編  著作権Q&A書籍3冊
●オリジナルボールペン5本
●入賞作品作家の作品解説動画のYouTube限定動画リンク
●希望者の方は、国際交流デザインアート展入賞作品集、ホームページにお名前掲載

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

50,000+システム利用料


国際友好デザインアート展 Goodwill exhibition

国際友好デザインアート展 Goodwill exhibition

★スペシャルコース
・感謝のメール
・入賞作品作家の解説動画のYouTube限定動画リンク
・展覧会のフルカラー作品集15巻、オリジナルボールペン10本
・優秀賞受賞作家2名の作品集
・JAGDA編  著作権Q&A書籍3冊
・希望者の方は、各種メディアでのパプリシティ紹介・国際交流デザインアート展覧会作品集&ホームページにお名前・ロゴ掲載。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

100,000+システム利用料


仙台市・光州広域市姉妹都市-国際友好デザインアート展Goodwill exhibition

仙台市・光州広域市姉妹都市-国際友好デザインアート展Goodwill exhibition

★Premium course
・感謝のメール
・各入賞作家の作品解説動画のYouTube限定動画リンク
・お好きな入賞作家3名までのサインと直筆お手紙
・展覧会のフルカラー作品集30巻、オリジナルボールペン30本
・最優秀賞受賞作品の審査委員長(李 員交  イウォンギョ(国籍:韓国)Social Designer/Producer(デザイン学修士・MBA取得)による作品講評動画の特別YouTube限定動画リンク
・JAGDA編  著作権Q&A書籍10冊
・希望者の方は、各種メディアでのパプリシティ紹介・国際交流デザインアート展覧会作品集&ホームページにお名前・ロゴ掲載。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

200,000+システム利用料


仙台市・光州広域市姉妹都市            国際友好デザインアート展Goodwill exhibition

仙台市・光州広域市姉妹都市 国際友好デザインアート展Goodwill exhibition

★Superior course
・感謝のメール
・各入賞作家の作品解説動画のYouTube限定動画リンク
・お好きな入賞作家3名までのサインと直筆お手紙
・展覧会のフルカラー作品集50巻、オリジナルボールペン50本
・最優秀賞グランプリ受賞作品に対する審査委員長(李 員交  イウォンギョ(国籍:韓国)Social Designer/Producer(デザイン学修士・MBA取得)による作品講評動画の特別YouTube限定動画リンク
・JAGDA編  ①著作権Q&A・②タイプフェィスの法的保護・③Webと著作権・④シンボルマークの創作と法的保護・⑤ピクトグラムの創作と保全、5巻セット書籍。
・希望者の方には、各種メディアでのパプリシティ紹介・国際交流デザインアート展覧会作品集&ホームページにお名前・ロゴ掲載。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

300,000+システム利用料


仙台市・光州広域市 姉妹都市20周年記念 5年に一度の国際交流デザインアート展「Goodwill exhibition」

仙台市・光州広域市 姉妹都市20周年記念 5年に一度の国際交流デザインアート展「Goodwill exhibition」

★Deluxe course
・感謝のメール
・各入賞作家の作品解説動画のYouTube限定動画リンク
・展覧会のフルカラー作品集50巻、オリジナルボールペン50本
・最優秀賞グランプリ受賞作品に対する審査委員長(李 員交  イウォンギョ(国籍:韓国)Social Designer/Producer(デザイン学修士・MBA取得)による作品講評動画の特別YouTube限定動画リンク
●審査評議委員長/世界的デザイナー 藤代範雄
ニューヨークADC会員、スイスモントルー国際広告芸術祭ゴールデンアワード国際審査員アジア代表、 JAGDA(関東代表運営委員)、国民文化祭審査委員、●藤代範雄・作品収蔵/ルーブル宮装飾美術館
の作品集。1巻
・JAGDA編  ①著作権Q&A・②タイプフェィスの法的保護・③Webと著作権・④シンボルマークの創作と法的保護・⑤ピクトグラムの創作と保全、5巻セット書籍。
・希望者の方には、各種メディアでのパプリシティ紹介・国際交流デザインアート展覧会作品集&ホームページにお名前・ロゴ掲載。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

プロフィール

主催/日韓友好支援会(5年に1度の国際交流デザインアート展「Goodwill exhibition」) プロジェクト実行責任者/原田純一(スターデザイン株式会社) 日韓友好支援会会長/スターデザイン株式会社 代表取締役 金豪中( 韓国/日本在住) 仙台事務局/スターデザイン株式会社仙台支社 知的創作研究所(担当/原田純一) 光州事務局副会長/光州広域市山口外国語専門学院 韓日文化交流センター(文孝永.韓国) 実行委員/在仙留学大生グループ(韓国籍)・国際交流支援会学生グループ(韓国) 実行委員/株式会社一円 代表取締役社長 坂本健介(日本) 実行委員/STAR BOX仙台中央店(日本)  実行委員/有限会社 元気物産 代表取締役 季 原奇(韓国) 審査委員長/李 員交(国籍/韓国)Social Designer :Producer(デザイン学修士MBA取得)

あなたにおすすめのプロジェクト

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター のトップ画像

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター

織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)

#医療・福祉

継続寄付
総計
107人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする