後3時間を切りました、最後までお付き合い頂けたら嬉しく思います。

 

必死だなと思った方もいるかと思います、なぜ私が必死にアピールしているのか、書きたいと思います。

 

私、鶴見福司も当事者スタッフの一員で日々仕事を教えてもらいながら、自立を目指し寿クリーンセンター・ぷれいすに通っております。

 

私は寿クリーンセンターに通い始めてまだ2年弱です、初めは病気の事で悩み、寝れなくなったりと他の病気になってしまうのではと思いくらい毎日悩んでいました。

そんな私の状態に気付いたのかたまたまなのか、須田センター長が「毎日来てくれて有難う、鶴見さんは仕事を覚えようと頑張っているね」と声をかけてくれました。当時私は誰にも心を開けずにスタッフ・職員の人ともあまり会話をしていませんでしたが、そう言ってくれた須田さんに少し今悩んでいる事を話してみました。

須田さんは「今鶴見さんは、週5日仕事を覚えようと頑張っている。それでいいじゃないか、過去の事で色々ある方々はここには沢山いるけど、皆仕事がしたいと通っている、それに悪い事なんて一つも無い」

完全に覚えているわけでは無いですがこんな感じだったと思います(笑)

 

今を生きよう、と思いました。そしていつか私が自立し自分の足で社会と向き合う時、病気の事と向き合う時に大丈夫だと思えるよう、もしも私の病気のせいで誰かに迷惑をかけているなら、それにも向き合えるように頑張ろうと思いました。

 

そして今、このプロジェクトの代表者・実行者として仕事を任せて貰えるようになりました。

 

私の相談を聞いてくれる、お母さんみたいな人、お父さんみたいな人、一緒に作業を頑張ってくれるスタッフの方々、自立出来るように仕事を教えてくれる先輩や職員の方に少しでもなにか出来ればと思っています。

 

このプロジェクトは皆さんの応援・支援で成り立っていると重々承知しております。

ですが、あえて言わせて下さい!

私に寿クリーンセンター・ぷれいす孝行させて下さい!

よろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ