私たちの支援活動にご賛同いただき、現在40人以上の方にご支援いただいております。本当にありがとうございます。

 

AAR緊急支援チームの高木卓美と田中晴子は、7月10日より、西日本豪雨で大きな被害を受けた岡山県倉敷市で被災状況とニーズの調査を行っています。

 

倉敷市立岡田小学校の狩野校長(左)に話を聞くAARの高木卓美(7月10日)

 

岡山県では56人が亡くなり、約3,000人を超える方々が避難を余儀なくされ、約2万戸で断水が続くなど大きな被害が出ています。(7月11日8時、岡山県発表速報値)


10日は、市役所の災害対策本部や避難所、社会福祉協議会などをまわって被災状況やニーズを確認しました。避難所となっている倉敷市立岡田小学校では、発災直後、220人収容の学校に最大で約2,000人の方々が避難していました。


猛暑の中、避難所内で具合が悪くなる方々も増えています。


AARは引き続き、避難者の方々が避難所生活を少しでも快適に過ごせるよう、支援を続けてまいります。

 

被災した家の前には、泥まみれの家財道具が運び出されていました。

 

通行止めが解除された道路に車が集中しました。

 

 

新着情報一覧へ