2011年10月6日、ジョブズの命日のこの日。

ついに僕たちの雑誌の創刊号が産声をあげました!

 

タイトルは「SWITCH!」

ひとりひとりのソウゾウリョクにスイッチを入れ、

この国をワカモノのチカラでスイッチしていこう!

という願いが込められています。

 

 

もう感動しすぎて、何を書いていいかわからなくなってきました笑

 

 

ある女の子は

「絶対にこの雑誌に載っている女の子のように、

 私も大学に行って、この地域に将来貢献できる人間になりたい」

と目をキラキラさせて袖を引っ張ってくれました。

 

ある女の子は

「ここに載っている early marriage の問題(女性の早期結婚)について

 何かとりくみたい!」

と周りの子たちと議論を交わし始めていました。

 

 

ここに紹介しきれないくらい、たくさんのメッセージが

今回出逢った3000人の高校生たちから届いています。

 

 

これも、本当にみなさんのご声援のおかげです。

本当にありがとうございました。

 

 

詳細の報告は、別途させていただきたいと思います。

また雑誌そのものの方も、スポンサーの皆様には今月末にはお届けできるようにするつもりです。

 

 

とにもかくにも、たった一冊の媒体が、

ここまで高校生たちの心を揺さぶるとは、僕自身も、想像できませんでした。

 

 

メンバーのダッカ大学生たちも、モチベーションと皆さんへの感謝でいっぱいです。

 

 

すべては、みなさんの温かいご支援のおかげです。

最後までご声援、本当に、ありがとうございました。

 

 

 

プロジェクトメンバー一同

 

 

新着情報一覧へ