これは「ショウロ(松露)」という、

 

クロマツと共生し健全な松林にしか発生しないとされるキノコです。

 

 

実は、このショウロが「幻のキノコ」と言われています。

 

それは、クロマツ林の手入れが無くなり、落ち葉が放置され、

 

腐植が砂地を覆うようになったため、

 

それに伴って減ってしまい、

 

非常に高級なものとされているからです。

 

 

「マツタケ」は「アカマツ」につきますが、

 

「ショウロ」は「クロマツ」につくキノコです。

 

 

「マツタケ」も「ショウロ」も元気の良い「マツ」の根に付きます。

 

「マツが元気だとショウロも採れる、

 

ショウロが出ればマツも元気」といわれています。

 

 

皆さん、このショウロが出てくるのを楽しみに

 

松葉かきを行ってあります。

新着情報一覧へ