■昨年8月に発生した、兵庫県丹波水害を支援しています
 今年に入ってからは、研修会形式との併用にして、行政支援が届きにくい伐木ニーズを処理しています。災害後半年にもなると、日常生活に戻っている方も増えてくるので、こういった声なき声に対応していくには、安心安全に特殊資機材が使用できる、鍛錬したテクニカルボランティアが必要です。
 

作業前

作業後

 研修会では、会員が手持ちの資機材を提供し、仲間づくりをしています。ひとりでも多くのテクニカルボランティアを誕生させるには、地道な活動が必要です。また、困っている人の声にも応えていきたいので、技量も技術も必要となります。



過酷な現場と環境下で学び研修生たち

 さらなる支援を、どうぞよろしくお願いします。

一般社団法人熊野レストレーション
 代表理事 端無徹也

新着情報一覧へ