『どんな思いで、何の為に、くっつきパンダを作ったのか? それをどう使ってもらいたいのか?』 前回は、中途半端で終わってしまって失礼致しました。

本題に入りたいと思います。

 

皆さんは、日本初の総天然色長編漫画映画 『白蛇伝』 というのをご存知でしょうか? 1958年10月22日公開ですから、59年も昔の映画。私が6才の時に見た映画なのですが、主人公のお友達的存在なのが "パンダ” なのです。アニメファンにとっては、最高峰と謳われるほど、素晴らしい映画で躍動感溢れる超大作だと思っています。おそらく日本人がパンダという動物の存在を知るのもこの映画からだと思います。6才の私の心の底にいつもこの パンダ がいます。

当時の家族の娯楽が映画鑑賞で、私の家の周りには、4つの映画館へそれぞれ5分も歩けば行けるほど身近で、週に一度の家族旅行の様なもので、両親と4人の兄弟姉妹で帰りには食堂でご飯を食べて帰る楽し時間であったことが、その記憶を更に鮮明なものにしてくれたのかもしれません!私にとってパンダは優しく、愛情あふれる存在であります。

 

現実的には、我が社の将来的な自立がかかっています。

経営改善【借金生活からの脱却】には新製品開発が最も重要と考えています。

その為には、産地直送を目指して行きたいのです。

日本の農家の方々と似ている所が有ります。せっかく良い物を作っているのだから、安く・広く・永く、提供したい=それが理想であります。

レディーフォーさんからのクラウドファンディングに挑戦は、初めの一歩なのです。良い素材を提供致しますので、あらゆるお料理にご利用ください!

まさに、そんな心構えでこの「くっつきパンダ」を製作致しました。

 

食は、人間形成にとって非常に大切な存在であるのと同じ位、見ただけでお腹を満たせるモノ造りを目指しています。ロボット技術が進む世の中であればあるほどアナログなパンダがふさわしい、そんな真逆の思いもあります。

ロボット技術は実は研究中ですが、パソコン同様覚えが悪すぎまして・・・

基本的には、全てを自前生産したいのです。

それは有機農業そのものの様な気がしています。自然を活かして、健康で安全な、そして何より利用される方々の気持ちになれる商品を心掛けております。

ご支援のほど、よろしくお願い致します。

 

ミニちゃんの、製作途中の原型です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ