皆様、こんばんは!


「READYFOR?」プロジェクトも残り一ヶ月となって参りました。

 

ADRAが支援しているネパールの子どもたちは、貧しくても、明るさ、笑顔、元気いっぱいの様子は日本となんら変わりありません。今回は、子どもたちをもっと身近に感じていただけるよう、彼らの日常の様子お届けしたいと思います。

 

午前中の授業を終えると、待ちに待ったお昼休みが始まります。家からTiffin(軽食)を持ってくる子もいますが、家庭の事情で持ってこられない子どもたちも多くいます。そんな子どもたちのことを考え、先生がお昼ご飯の代わりにお菓子を配ってくれる学校もあります。

 

楽しい休み時間
先生がポケットにクッキーを入れてくれ、嬉しそうに笑う女の子

 

軽食後は、友達と一緒に過ごします。お昼休みの過ごし方はみんなそれぞれ。
女の子は、教室でお菓子をつまみながら楽しくおしゃべり。男の子は校庭で元気にサッカーやバレーボールをして過ごします。こんなところも、日本の子どもたちの様子と似ています。公立校には体育の授業がないため、子どもたちはお昼休みや放課後を使って思いっきり体を動かします。そこで今日は、女の子たちが楽しそうに手をつないでジャンプをして遊ぶ様子を動画でお届けさせていただきたいと思います。

 

 


子どもたちが通う学校は、トイレや水飲み場、教室、グラウンドなどの設備は整っておらず、様々な問題があります。そんな環境でも、子どもたちの一生懸命に学ぶ姿、友達と遊ぶ姿、そして素敵な笑顔はまぶしく輝いています。

 

私たちが目指す「READYFOR?」でのゴールはまだ遠く、皆様のご支援を必要としています。彼らが自分の夢を諦めずに将来を切り開いていけるよう、「READYFOR?」でのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします!!

新着情報一覧へ