プロジェクト概要

第二回さっぽろ若者会議を開催したい。

 

初めまして!さっぽろ若者会議代表の本間謙斗と申します。【さっぽろ若者会議】とは、その特定の地域における様々な課題を若者が徹底的に議論する場のことで、たとえば小布施、名古屋、京都など全国各地に若者会議は広がっています。第一回さっぽろ若者会議では1泊2日で札幌の未来について話し合い、自分たちにとって魅力的な札幌・北海道についてアイデアを出し合い、最後にプレゼンテーションを行うイベント。

 

コンセプトは「『Youth for SAPPORO』 ~若者がソウゾウする街・札幌~」。札幌の若者が発信源となって、より魅力的なまちづくりをしていこうという意味を込めて開催しました。そして今回12月11日から「第二回さっぽろ若者会議」を開催することが決定しました。

 

 

しかしそのための会場費等が足りていません。

どうか皆様のお力をお貸し頂けないでしょうか。

 

【第一回さっぽろ若者会議の写真】

 

 

掛け合わせることによって生まれるアイディア

 

私達は「若者×マチ」をつなげる! 北海道大学などの大学生で構成の学生団体です。小布施や名古屋で行われている合宿型イベント「若者会議」を北海道で開催するべく創立されました。 2015年1月に 第一回さっぽろ若者会議開催し、 また、2015年3月には札幌市長選挙に合わせて「市長候補×ワカモノ」による討論型イベント(Vote for SAPPORO)を開催し、8月には音威子府若者会議も実施しました。

 

 

 

これからを作っていく若者が、活躍する場所。

 

さっぽろ若者会議は若者のあり余った力をまちに還元していく団体だと思っています。その中で商店街の方から若者の継続的な関わりがあればという声を聞きました。また、多くの若者がまちづくりに関心を持っており、両者のマッチングと相乗効果を図るべく今回のイベントを企画しました。多くの「ワカモノ(35歳未満)」に商店街の現状と未来について考えていただくキッカケを作るためにもまずは、多くの人に知ってもらいたいのです。

 

 

 

今回第二回さっぽろ若者会議について

 

札幌市にいくつか存在する「商店街」を舞台に12月(合宿型)ワカモノがチームごとにオールナイトディスカッションし、プランニングし、アクションしていきます。

 

【若者と商店街が互いを刺激しあう】


 若者×商店街=∞ 若者と商店街の相乗効果を最大にする


「参加者」


・心に火がつく
「第二回さっぽろ若者会議に参加したことをきっかけに、○○に挑戦した、△△について考えるようになった」といったように参加者自身が変化を実感する用になればと考えております。


・活動するフィールドが広がる
商店街でも面白いことが出来そう、とワクワクしてもらい、商店街や地域での活動に興味を持ち、今後も参加するようになると考えております。

 

「商店街」


・若者が行啓通商店街で活動するようになる
 行啓通商店街の人たちとの継続的・長期的な交流となる。若者が行啓通商店街の空き店舗を使ってまちづくりに携わる。行啓通商店街が遊び場になる。


・商店街に刺激をもたらす
 若者たちが商店街を楽しんでいる様子や真剣に議論やプレゼンテーションをしていく姿を見て、商店街に住む人たち自身が今後どのように商店街を作っていくか考え、若者との距離を詰めるようになる。

 

そんな活気あふれたものを作り上げ若者のちからを還元していきます。

どうか皆様のご協力お待ちしております。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇引換券について◆◇◆◇◆◇

 

・サンクスメール

 

・イベントの冊子

 

・若者会議限定オリジナル T シャツ

 

・北海道の特産品