READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

医療のアクセス困難なアフリカ農村部に日本の医薬品を届けたい!

町井 恵理 (NPO法人AfriMedico代表理事)

町井 恵理 (NPO法人AfriMedico代表理事)

医療のアクセス困難なアフリカ農村部に日本の医薬品を届けたい!
支援総額
1,870,000

目標 1,200,000円

支援者
153人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2014年08月12日 13:16

【報告】DAY3&4 ダル周辺、現地薬剤師、住民との意見交換

この2日間は、都市ダルエスサラーム周辺の住民、大学、企業、病院を回り現地人との意見交換ディスカッションを通じて現地ニーズ調査を実施しました。

 

現地若手薬剤師との意見交換。

とても熱い2人で、今後タンザニア支部設立の際にはメンバーとして是非加わって頂きたい!

 

 

事業可能性調査-Feasibility study(以下、FS)実施者へのインタビュー。

現地ニーズ、医療関係の課題点の共有をさせて頂きました。都市では、薬局が乱立し、どこでも薬を手にいれられる。多くの人は家にも薬を常備しているが、時間が経って使用期限が切れてしまうことも多々あるとのこと。これに対して、使った分だけ支払いをすれば良い置き薬には、都市部においても一定のニーズがありそう。

 

 

ムヒンビリ大学訪問。

タンザニアで1,2を争うムヒンビリ大学病院の系列大学です。
ここでは、外科医伝統医療専門医の2名の医師の方、2名の学生の方とディスカッションをしてきました。

 

ps.タンザニア周辺の状況
タンザニア最大の都市から少し離れたことろでは、掘っ立て小屋があちこちで散見されました。GDP年率7%で成長する一方、貧富の差は拡大する一方なのかもしれません。

 

 

明日からDar es Salaamから車で3時間程度離れた村へ行きます。

 

引続き宜しくお願い致します。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

・お礼状
・活動報告書

支援者
56人
在庫数
制限なし

10,000

3,000円の引換券に加えて、
・「置き薬」にお名前を記載
・現地本場のキリマンジャロ・コーヒー
・現地限定コースター
(※個人情報の掲載を控えたい方はその旨ご連絡下さい)

支援者
75人
在庫数
制限なし

30,000

10,000円の引換券に加えて、
・HB及びFacebookにて支援者としてご紹介
・イベントへの特別招待券1枚(2名様まで同伴可)
(※個人情報の掲載を控えたい方はその旨ご連絡下さい)

支援者
21人
在庫数
9

100,000

30,000円の引換券に加えて、
・先6ヶ月間のイベントにて協賛者様として常時紹介
(※紹介方法はご相談の上確定させていただきます)
・AfriMedico発行のニュースレターでの特集記事掲載
・HPへのリンク掲載

支援者
3人
在庫数
7

プロジェクトの相談をする