おはようございます、ザンビア駐在森長です。

 

今回はZambiaの北部にあるLuapula州Samfya郡Kabanga村というところで、スピルリナを買い始めたある若い女性に話しを聞いてみました。

 

Luapula州Samfya郡は、首都Lusakaよりバスで11時間くらいかる800kmほど北にあり、Bangweulu湖という巨大な湖のほとりにある漁業の盛んな町です。Kabanga村はその町中から程近いところに位置しています。

(http://geology.com/world/zambia-map.gif)

 

 

この女性は、元気な男の子を育てる一児のお母さんです。

 

とてもチャーミングな方で、快くインタビューを引き受けてくれたのですが、写真も取っていいですか?と尋ねると、

 

「髪を整えていないからダメ!また今度ね!」

 

と断られてしまいました。少し残念。。。

 

 

村の雰囲気

 

 

彼女がなぜスピルリナを買うことを決めたのか、お母さんの思いを聞いてみました。

 

 

なぜスピルリナを買おうと思ったのですか?

私には今一歳と一カ月になる息子がいるんだけど、二カ月ほど前にその子の足の指が少し膨れてしまったの。それでクリニックに連れて行くとクワシオルコル(栄養失調の一形態)かもしれないですねって言われたのね。その子は私にとって初めての子どもだったから、どうしていいか分からなくて、他の人に相談すると、スピルリナのことを教えてくれたの。

 

 

効果はどうでしたか?

スピルリナを取り始めて一カ月ほどで、クワシオルコルの症状はなくなって、それ以来その症状は出ていないわ。それにうちの子、もう歩けるようになったの!

 

 

スピルリナ商品の中でどれが好きですか?

 

おかゆブレンド(メイズの粉に塩、砂糖とスピルリナを混ぜたもので、お湯入れて混ぜるだけでおかゆとして食べられるもので、主に幼児用)ね。私たちは今までメイズの粉に、栄養価の高いと言われるグランナッツやキャッサバをパウダー状にしたものを混ぜておかゆを作っていたんだけど、それと同じ要領で作れるからすごく使いやすいの。今はスピルリナとグランナッツ、キャッサバを順々におかゆに入れてあげているのよ。 

 

おかゆブレンドの様子

 

 

以前、Samfya郡の農村部では、スピルリナの効果測定を実施していたこともあるからなのか、スピルリナの普及度が他の場所より高く、他のお母さんに勧められるものになっていることが嬉しかったです。

 

また、現地の実際にスピルリナを利用し喜んでいる様子が、私たちがこのプロジェクト実現、生産会社立上げに向けての原動力になります。

 

このような人々に持続的にかつ安価にスピルリナ製品を配給できるようになるためには、この地産地消・自立型ビジネスモデルの実現が不可欠です。

 

引き続き、皆様のご支援と情報拡散、どうぞよろしくお願い致します。

新着情報一覧へ