我々が最終的にご用意させて頂いたリターンはおよそ45種類!ようやく出し切った・・・というところで、ご支援者数が100名を超えました。本当にありがとうございます・・・!

 

残り9日間、あとは皆様に最後のお願いをして参ります。連日告知が多くてびっくりされる方も多いかもしれませんが、27日まで何卒ご容赦ください・・・!

 

本日のメッセージ#15は、木澤洋一さんからです!

 

- - - - -

 

kizawasan

 

もう5年くらいも前の話になるのだけど、当時僕は誰にも言ってなかったけど実のところずっと部屋に困っていて、カメラをやっている友達(先輩のような)に紹介してもらい、このアパートメントに入居した。

管理人に僕はとても暖かく迎え入れられ、部屋をあてがってもらった。住人も僕を暖かく迎え入れてくれたと思う。


そのアパートメントは色んな人が住んでいて、そこにいるだけで世界が広がった気がした。色んな事を知っている人や、色んな事をやっている人がいてすごいと思った。そしてそれに安心してなぜか僕は自分の部屋に引きこもり、存分に不毛な絵と不毛な日本語を書いた。月に一回、その部屋を公開して、絵や文をみんなに見てもらった。僕は引っ込み思案なのでその様子を部屋のクローゼットに隠れて小さな隙間から覗いていたと思う。とても充ち足りた気持ちで。

 

クローゼット越しに、とっても面白いよ。とか、いい絵だね。と声をかけてくれる人がいた。すごく嬉しかった。なのでずっとそれをやった。本当に長い間住まわせてもらっている。許される限り住んでいたいと思っている。


そして今回アパートメントは大がかりな改装工事をしようとしている様子。僕は部屋の浴槽の中に毛布と一緒に隠れながら、ドキドキしながらその様子を伺っている。

 

木澤洋一

 

- - - - -

 

木澤さんは今、アパートメントで“Do farmers in the dark” という力強くていきいきとした絵と文章を中心にした連載をされています。是非この機会にご覧下さい!

 

- - - - -

■アパートメント著者ページ
http://apartment-home.net/author/kizawa/

 

■ホームページ
http://kizawa.boy.jp/

 

■Twitter
 

 

新着情報一覧へ