皆さん、こんにちは。自転車プロジェクトを主催しております安田です。募集期間が残り12時間を切りました。最終日、本日の23時終了となります。引き続きご支援宜しくお願いします。

 

 

本日は私が支援している奨学生のお話をさせて頂きます。こちらの写真の右から2番目の女の子、私が2年前から支援している奨学生です。当時中学校1年生。地域で一番の貧困家庭(カンボジアの農村エリアにはそんな認定制度があったりします・・・その証明書があるといくつかの公的支援を受けることができるそうです)で隣のお兄ちゃんも奨学金をもらって学校に通っています。もちろん、学校以外の時間は少しでも収入を得るために近くの川で蟹を獲ったり薬草茶となる草や木の皮を採ったりしています。

こちらがその1年後に再び訪問したときの写真です。あまり変わり映えしないように見えますが、安田がこの2つの写真を並べてみた時にとってもうれしい変化に気が付きました。

 

「2人の身長がおばちゃんを抜かしてる!大きくなってるんや!」

 

栄養不足で同年代の日本の子どもに比べるとまだまだ小柄なのですがそれでも成長していることがとてもうれしく感じました。がんばって家庭の仕事を手伝いながら学校にもしっかり通ってほしいと思っています。

 

子ども達が大きくなる。教育を受けて可能性を広げる。自らの人生を切り開いていく。地域や国が少しずつ豊かになり幸せな人が増える。

 

自転車はその流れのなかで大きな役割を担います。

 

募集期間はもう12時間を切りました。

Readyforプロジェクト、最後のお願いとなります。

 

ご支援是非宜しくお願い致します。

新着情報一覧へ