市外・県外の集まりに顔を出すと、「銚子」というだけで、高校野球・甲子園といった言葉を口にされる方がいまでもたくさんいらっしゃいます。どうも地元の私たちが考えている以上に、銚子=野球というイメージはいまも根強いようで驚かされます。

 

その意味でもこのネームバリューを活かして、野球に限らずスポーツをする人々に向けた宿泊施設を整備することの意義は以下のような点で大きいと思います。

  • スポーツを通じて市(まち)を活性化したいという高い志
  • 単なる補助金頼みの事業ではなく自らリスクを負って事業に取組む姿勢
  • かつての銚子西高校の施設(記憶)を引き継いで活かすという着眼点
  • 銚子市西部地区の地域振興(歴史遺産保護活動、環境保護活動、菅原大神を中心とした妊活事業など)にかかる拠点のひとつとなりうる可能性

私は、地域に根ざす金融機関の一員として、可能な限り銚子スポーツタウンの事業を応援したいと考えています。

 

松岡明夫 銚子信用金庫理事長

新着情報一覧へ