読売新聞の記事になりました

1月24日(火)付けの読売新聞(朝刊)に、「医療ルネサンス 精神疾患と生きる(4)」として、「SPIS」を開発した有限会社奥進システムと社内での活用について紹介する記事が掲載されました。

(※ネットでは有料会員向け記事になっています)

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170124-OYTET50000/?catname=iryo-renaissance

 

コンボでは個人向けに「SPIS」を提供します

「SPIS」は企業向けに開発されたシステムで、「SPIS」を導入した企業に在籍していないと利用できないものでした。

コンボでは、企業に籍がなくても、あるいは在籍している企業が導入していなくても、個人で「SPIS」が使えるように動き、実現してきました。

しかし、現在はそれでも、会員限定での提供です。

このプロジェクトを達成することができれば、会員でない個人の方にも提供が可能となり、より多くの方に「SPIS」を使っていただけるようになります。

その実現のために、もっともっとがんばって活動してまいります!

 

 

 

 

日報入力画面(サンプル)

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ