プロジェクト概要

『コミュニティ溢れるレンタルスペース』を作りたい!

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。中村佳介と申します。

 

現在、大阪市内で賃貸オフィス・店舗物件を中心とした仲介不動産業の仕事をして、6年目になります。

 

この業界に身をおきながら、1〜2年毎に変わっていく市場やトレンドを目の当たりにしてきました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

その業務の一貫として、最近の業界トレンドである「レンタルスペース」の市場調査を行うことが多々あります。

 

調査を進めれば進めるほど、「レンタルスペース」とは、人のコミュニティを形成することで、事業として成り立っているということを、確信するようになりました。

 

不動産業で働きながら、一方で自分自身で何か出来ないか常に考えていた私は、この調査をきっかけに、『コミュニティ溢れるレンタルスペースを作りたい!』と強く思うようになり、このプロジェクトを立ち上げました。

 

 

キッカケは不動産業で知った情報から始まりました。

 

大阪では、2年ほど前から、企業数の増加や会社としての事業規模の拡大に伴い、オフィスビルの空室率が急激に低下し、企業はオフィスの規模を拡大することが難しくなっています。

 

その影響で、オフィス内にある会議室やミーティングスペースを削って、社員のデスクスペースとして活用し、会議やミーティングは、社外で場所を確保して行うという流れが広まっていきました。その結果、レンタルスペースの需要が高まったと言われています。

 

こういった状況は、不動産業者の間でも話題となり、私自身もレンタルスペースに興味を持つようになりました。その後、周辺のレンタルスペースの市場調査していくうちに、レンタルスペース事業は、単なる「場所貸し」ではないことに気づきました。

 

 

成功している事業には、必ず人が集まる「コミュニティ」があり、たくさんのコミュニケーションが生まれるからこそ、さらに人が集まってくるという、好循環で成り立っていることがわかりました。

 

そして、『コミュニティ溢れるレンタルスペースを作りたい!』と思うようになり、共同運営である巣張氏と共に、行動に移しました。

 

 

皆さまからご支援をいただき、レンタルスペースを提供します!

 

今回のプロジェクトでは、皆さまからご支援をいただいて、ワンルームマンションからレンタルスペースをスタートしたいと考えております。物件は、新大阪駅にある「ステュディオ新大阪」という、以前ホテルだった建物をマンション仕様にした一室で、収容⼈数は6〜8名程を予定しています。

 

「ステュディオ新大阪」は、もともとホテルだったため、1Fにロビースペースが備わっており、レンタルスペースの待合い室としてご利用いただけます。

 


また、同じ物件に既に3件の同業他社が入居していますが、各社とも稼働状況も比較的順調です。添付画像の①②③がステュディオ新大阪に入居している同業他社となります。※④⑤は周辺にある同業他社の稼働状況です。

 

レンタルスペースを運営する際は、20,000円で24時間利用できる「タイムプリペイド」を発行し、安定して利用いただけるユーザーの確保を考えています。また、調査結果でニーズの高かったレッスンや講習会をレンタルスペースで開催できるよう、ヨガマットや施術ベットを用意する予定です。

 

時おり、お客さまにアンケートを実施して、ご要望の多かった設備を追加していこうとも考えております。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

『コミュニティ』を付加価値として育てていきたい。


私は友⼈を集めてBBQをするのが好きで、定期的に開催しています。人と人の繋がりや出会いは、時にかけがえのない存在となります。今回のプロジェクトでは、レンタルスペースと同時にコミュニティを立ち上げます。

 

このコミュニティで何をしていくかは、今後メンバーとともに決めていきます。何故なら、私がつくりたいコミュニティは、お互いフラットな関係性で(私も含めて)、誰かのアイデアややりたい事をコミュニティ内のメンバーで相談しながら、即実行する集団です。ですから、コミュニティメンバーと相談しながら一緒に次のプロジェクトを作り上げたいと思っています。


常に何かにチャレンジ出来る環境を提供して、コミュニティメンバーの誰かがチャレンジする時には、全力で支援する。ゆくゆくは、コミュニティメンバー間でビジネスチャンスが生まれるのが理想です。

 

ぜひ、皆さまの暖かいご支援で、コミュニティ溢れるレンタルスペースを作りましょう!

 

 


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)