READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

幻の屏風を復元!きらびやかな「醍醐の花見」を体感してほしい

小林泰三(日本美術のデジタル復元師)

小林泰三(日本美術のデジタル復元師)

幻の屏風を復元!きらびやかな「醍醐の花見」を体感してほしい
支援総額
365,000

目標 350,000円

支援者
39人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

終了報告を読む


6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2017年08月02日 14:37

サンクスリターン、完了しました!

1a3879c506d926e4e7d975c96cfea55de0494fe6


おとといの夜、ご覧の絵葉書二枚を応援していただいた方々の中の対象者へお送りし、これでサンクスリターンは完了したしました!

皆様のお陰で、ここまできました。本当に感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。


しかし、屏風を完成させ、鑑賞会でご披露するのが、このプロジェクトの最終地点。
まだまだ気をゆるめるわけには参りません。
というよりも、さらに気合いを入れなければ!


また進捗をお知らせしますので、引き続き、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m
一覧に戻る

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

絵葉書2枚

■サンクスメール
■絵葉書2枚

本プロジェクトで完成する「花下遊楽図デジタル復元屏風」で、もっとも重要な場面である「淀殿」と言われる貴婦人部分と、右の屏風の全図をきれいな絵葉書2枚セットにして、お送りいたします。
ウッドベースのフォトフレームに入れると、きれいなインテリアになります。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年7月

8,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

ジグザグ屏風ステーショナリー+絵葉書2枚

■サンクスメール
■ジグザグ屏風ステーショナリー
■絵葉書2枚

本プロジェクトで完成する「花下遊楽図デジタル復元屏風」をミニチュアにした、ステーショナリー。うらは便箋になっているのでお手紙として使えますし、ジグザグ型で自立するので、室内に飾れます。絵葉書2枚も一緒にお届けします。発送は桜の季節を過ぎてしまいますが、ぜひ春に飾ってみて下さい。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年6月

8,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

屏風特別鑑賞会・招待チケット(1枚)

■サンクスメール
■屏風特別鑑賞会・招待チケット(1枚)

本プロジェクトで完成する「花下遊楽図デジタル復元屏風」を ” 触って、体感して、楽しむ ” 特別鑑賞会にご招待!
デジタル復元師・小林泰三が、制作の苦労話や、現場でしか分からない発見、桃山時代の豪華絢爛な色彩美を他の復元アートも披露しながら、楽しく解説します。
こちらは招待チケットのみで、ジグザグ屛風ステーショナリーなどグッズはついておりません。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年6月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

屏風特別鑑賞会、招待チケット+ジグザグ屏風ステーショナリー+絵葉書2枚

■サンクスメール
■屏風特別鑑賞会・招待チケット(1枚)
■ジグザグ屏風ステーショナリー
■絵葉書2枚

本プロジェクトで完成する「花下遊楽図デジタル復元屏風」を ” 触って、体感して、楽しむ ” 特別鑑賞会にご招待!
デジタル復元師・小林泰三が、制作の苦労話や、現場でしか分からない発見、桃山時代の豪華絢爛な色彩美を他の復元アートも披露しながら、楽しく解説します。さらに8000円グッズコースの、ジグザグ屏風ステーショナリーと絵葉書2枚もお届けします。

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年6月

15,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【ペアでお得!】屏風特別鑑賞会・ペア招待チケット(2枚)

■サンクスメール
■屏風特別鑑賞会・招待チケット(2枚)

本プロジェクトで完成する「花下遊楽図デジタル復元屏風」を ” 触って、体感して、楽しむ ” 特別鑑賞会にペアでご招待!
デジタル復元師・小林泰三が、制作の苦労話や、現場でしか分からない発見、桃山時代の豪華絢爛な色彩美を他の復元アートも披露しながら、楽しく解説します。
こちらは招待チケットのみで、ジグザグ屛風ステーショナリーなどグッズはついておりません。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年6月

プロジェクトの相談をする