ドローンバード の活動は具体的にどんな成果を生むのか、なぜこれだけ地図が充実している日本で新しい地図が必要なのか、それを感じていただくために、我々が取り組んでいるクライシスマッピングの体験が可能です。

 

本日(1/29)から2日間、埼玉県杉戸町で開催される「協働型災害訓練 in 杉戸」の遠隔クライシスマッピングに、以下のURLから参加できます。今回は、国土地理院の航空写真を使ってのトレースですが、今後ドローンバードの活動がはじまりますと、この写真がドローンを用いて撮影された航空写真に切り替わっていきます。

http://tasks.hotosm.org/project/1456

 

クラウドファンディングもあと4日。自分たちの街を自分たちで守るために何ができるのか、積極的に情報発信してまいります。

新着情報一覧へ