お持たせしました。

ネットが不安定でなかなか投稿できませんでした。

 

本日は、教育と学校について少しアカデミックに書いてみようと思います。

 

一口に教育と言っても、様々なものがあります。

Formal education, Informal education, Non-formal education...

定義はもちろん、目的によっても使い分けられます。

とても大切でやるべきだけど正規のカリキュラムに無い内容を扱う場合は、Formalではなく、InformalやNon-formalで行います。

 

 

これと同様に、学校にも様々なものがあります。

小学校、中学校、高等学校、専門学校、専修学校、大学校、大学、大学院・・・

元来の意味では、学ぶ場所、学ぶための場所が学校です。

 

世界には、様々な理由で許認可を受けていない学校が数多く存在しています。

国際機関やNPO、NGOが運営しているものもあります。

全てとは言いません。

しかし、多くの許認可を受けていない教育機関も、十分に学校としての役割を果たしていると言えます。

そして、場合によっては逆もまた然りです。

許認可に関わらず、目的と質が大切なのです。

新着情報一覧へ