絵:葛飾北斎『冨嶽三十六景』の「五百らかん寺さざゐ堂」

 

八百屋の棒手(ぼて)振り八五郎は、
六つくらいの見ず知らずの女の子を連れて、商いから帰ってきた。
この子は迷子で、かみさんの問い掛けにも口を利けない。
どうやら、先だっての大火事で親とはぐれてしまい、
驚きのあまりに言葉を失ってしまったのであろう。
迷子だったので ”まい” という名前をとりあえず付けて、
親が見つかるまで手許に置くことにした。

 

 翌日から、八五郎は商いをしながら、女房は外へ出て用足しをしながら、
尋ね回るが、一向に手がかりはなかった。
四日目。

「このまいは、いやな子だよ。ヤカンを持って口飲みするよ」と、かみさん。
「親の躾が悪いのかな~。親が見つからなかったら、
うちの子にしてもいいと思っていたのに・・・。
手がかりがねぇんだから、探しようがねぇ」
「だったら、この子を檀那寺の五百羅漢寺へ連れってって、

羅漢さんを見せたらどうだい? 

五百人の羅漢さんのうちには自分の親に似た顔があるというよ。
それを見つけて、なんか言おうとするんじぇないかい。
それが手がかりになるかもしれないよ」

 

 翌日、五百羅漢寺へ行って羅漢堂の中の五百の羅漢さんを見せた。
上の段の一人の羅漢をジーッと見つめて、指差しをした。
「この子の父親はこういう顔か。これも何かの手がかり」と納得して、
境内を出たところで、住職とばったり会った。

  ”まい” のことを話すと、住職が
「今、庫裏の畳替えをしているんだが、その畳屋さんが
『火事でいなくなった娘がまだ見付からない』と、来る度に涙ぐむんだ」と言う。
その時、子供が畳の仕事場になっている所へ駆け寄ると、
小さいヤカンを持って口飲みを始めた。
これを見た八五郎

「畳屋の娘だ! 躾が悪かったわけじゃねぇ。
いつも親と一緒に仕事に付いて行って、覚えたのが、口飲みだったんだ」
ちょうど庫裏から畳を運び出してきた畳屋が、
子を見付けて

「よしィ!」 と絶叫。
はじかれたように立ちあがった子が、
「ちゃーん!」と声を出して、

吸い寄せられるように跳び付いていった。

畳屋は泣きながら、その子を両手で包むように抱きしめて離さない。

 

 この様子を見ていた八五郎

「やっと声が出た・・・。本物の親にゃ敵わねぇ」。
住職も八五郎も涙して

「しばらく、二人切りにさせておきましょうや」。


 二人が手をつなぎながら、親が大きなヤカンを持って口飲みをして、
「プー」っと霧を吹き出すと、畳ほどの大きな虹が立った。
子供が小さなヤカンで口飲みして、
「ぷー」っと小さく霧を吹くと、可愛い虹が立った。
この二つの虹と虹の端が重なった様は、
親子がしっかりと手を握り合って「もう離さないよ」と言っているようだった。

 

八五郎は「こちらへ来てよかった。さすが五百羅漢のおかげだ」
住職は「な~ぁに、今は親子ヤカン(羅漢)だよ」

 

いかがでしたか?
羅漢さんは、落語になるほど庶民に親しまれていた存在だったようですね。

迷子の子で ”まい”、畳屋の子で ”よし” と付けるあたりも面白いです。
八百屋の棒手(ぼて)振り、大火事、畳屋と、

当時の職人産や生活の様子などが垣間見れるようです。

この内容は、河合昌次さまより
「煮るなり焼くなり使っておくれ」と御許しを得まして、
ホームページの一部を拝借致しました。
詳しく知りたい方はこちらを。

http://ginjo.fc2web.com/125gohyaku_rakan/gohyakurakan.htm

 

河合様、

そしてご一読いただいた皆さま、
有難うございました m(_ _)m

 

永昌寺副住職 

布川浩久

新着情報一覧へ