プロジェクト概要

この夏、新たにデビューする

シューズブランド、Emiliana<エミリアーナ>。

何気ない日常を非日常に。さあ、座って靴を履こう。



幸せのバージンロードを、
Emiliana Feliceのブライダルシューズで。

 

ページをご覧いただきありがとうございます。レディースシューズブランド、Emiliana<エミリアーナ>のデザイナーをしています古屋笑(ふるやえみ)と申します。現在、2018年夏のブランドのローンチにむけて日々奮闘しております。

 

実は私は、美術大学を卒業したわけではなく、4年制大学を卒業後、新卒でIT企業に勤めておりました。しかし、5年前に一念発起してシューズデザイナーになることを決意しました。

 

会社を辞めてからは、東京・浅草の靴学校で靴づくりを学び、その後、東京都と東都製靴工業協同組合ご支援の下、皮革産業技術研究員としてイタリア・ミラノにある靴学校ARSUTORIA schoool にて靴のデザインやパターンを勉強してきました。

 

今回は皆様に、Emilianaと同時にデビューを考えているブライダルライン"Emiliana Felice"<エミリアーナ フェリーチェ>の立ち上げ費用にご支援をいただきたいと思っております。クラウドファンディングを通して、Emilianaの靴をより多くの方に知っていただき、靴作りに少しでも興味を持っていただきたい、そう思っています。

 

この挑戦に、どうか応援いただけないでしょうか。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

red trace
Emiliana red trace


 

会社勤めだった私が
シューズデザイナーになるまでの道のり。


会社を辞めると決めた時、すでに自分のやりたいことは決まっていました。元々、靴のデザイン画を独学でたくさん書いていましたし、シューズデザイナーとしてこういう靴をつくりたい、というビジョンがありました。

 

しかし、どうすればシューズデザイナーになれるのかさっぱりわかりませんでした。(今思い返すと恥ずかしい話ですが..)靴業界へのコネクションもなく、経験もないにも関わらず、デザイナーになりたいとの一心で、求人を探し続けていました。もちろん、経験者のみの求人ばかり。そこには大きな壁がありました。

 

でも、自分で決断したこと。諦めるつもりはなく、靴メーカーや靴問屋の電話番号を調べ、「シューズデザイナーになりたいのですが募集していませんか」「デザイン画を描いているのですが、見て頂けませんか」と片っ端から電話をしました。

何社から断られたかは覚えていません。でも、

1社だけ話を聞いてくださった浅草の靴メーカーがありました。

 

そこの社長さんが、「デザイナーになりたいといっても、すぐにはなれない。まずは販売職を経験して、どんな靴が売れるのか、お客様はどんな靴がほしいのか勉強しなさい」と靴問屋を紹介してくださり、私の靴のキャリアがスタートしました。

 

その出会いがきっかけで浅草の靴学校に通い、後にミラノに留学することができました。

 

私を靴業界に迎え入れてくれた婦人靴メーカー細渕社長。靴学校の卒業展示会に来て頂きました。

 

ミラノの靴学校での様子


 

ブライダルラインEmiliana Feliceについて

 

ある日、友人の結婚式に参加した際、職人泣かせの靴を見つけてしまいました。世界で一番美しい花嫁さんは、美しいドレスを着ています。それなのになぜ、ぺらぺらのくたびれた借り物の靴で新たな人生の一歩を踏み出すのでしょうか。そう疑問に思い、ブライダルシューズブランドの立ち上げを決意しました。
 
多くの花嫁さんにEmiliana Feliceを履いて、バージンロードを歩いてもらいたい。ドレスはあまりに高価で購入することはできないけれど、Emiliana Feliceなら手が届く。誰かの使いまわしの靴ではなく、自分の靴であれば、何年か経って辛いことがあっても、靴を見れば、結婚式の日の決意をは忘れることはないのではないのでしょうか。
 
今回は、皆様からのご支援で、木型制作費用、サンプル靴資材費用、サンプル靴制作費用、販路拡大のための広告費用等に充てさせていただきます。
 
 
【花嫁の人生を自分の靴で歩く。Emiliana Felice 】

Emiliana Felice<エミリアーナフェリーチェ>です。フェリーチェとはイタリア語で【幸せ】を意味しています。これから新たな人生を迎える夫婦に幸せを、私の靴づくりを手伝ってくださる全ての方々に幸せを、という意味です。

ブライダルシューズというとデザインのない真っ白なパンプスをイメージする方が多いと思います。ですがEmiliana Feliceは美しいフォルムにきらびやかなデザインが特徴です。
また、結婚式や披露宴で長時間履いても疲れにくいよう、足首まわりにストラップやリボンがついています。ストラップやリボンがあると足と靴をくっつけてくれるので、歩くたびに足や指に余計な力を入れずにすむため疲れにくくなります。
 
Emiliana Feliceのファーストサンプル。
白のサテン地で作りましたが、汚れが目立ち生産効率が悪いので、ボツになってしまいました。

 

Emiliana<エミリアーナ>の立ち上げを通して
実現したい"2つ"のこと

 

ブランドの立ち上げを通して、実現したいことがあります。①お世話になった方へ感謝を伝えること、そして②靴作りを少しでも多くの人に伝えることです。

 

■ からスタートの私を、温かく迎え入れてくれた浅草の靴メーカー、

そしてお世話になった方々へ恩返しがしたい。

 

ミラノからの帰国後、自分のシューズブランドを立ち上げようと決めていました。しかし、日本の靴業界は逆風真っただ中。昔のように靴が売れず、私が以前働いていた業界最大手の靴問屋は倒産し、多くのメーカーが被害を被っていました。私を靴業界に迎え入れてくれた浅草のメーカーもです。

もともと浅草は戦後から靴づくりが非常に盛んな街でした。そのなごりで今でも靴メーカーや靴資材屋等、靴や皮革関連のお店が浅草には沢山あります。靴が売れない昨今、靴産業は急激に落ち込み、現在では靴関連の企業は全盛期の三分の一とも言われています。

でも、浅草という街は私の靴作りが始まった場所。お世話になった浅草のメーカーさんをはじめ、浅草の靴産業の盛り上げに少しでも貢献できるよう、シューズブランドEmiliana<エミリアーナ>をデビューさせ、成功させることで恩返ししていきたいと考えています。

 

多くの人に支えられ「日本シューズベストドレッサー賞クラフトマン部門」グランプリを受賞するまでに。

 

 ネットで簡単に購入できるようになったいま、

靴がどのように作られるのか、少しでも多くの方に知ってほしい。

 

皆さんは、靴がどのように作られているのかご存知でしょうか?

最近では、長靴やクロックスのようにゴムで出来ているものは靴づくりの工程が機械化されているところもあります。しかし、紳士靴やパンプス等、多くの靴づくりは人の手を介さずして作れる工程は一つもありません。手作業で靴を作っています。
 

これは、靴学校や靴メーカーで勉強をするうちに、靴づくりがどれだけ大変で手間がかかるものかを目の当たりにし、驚いたことでした。

 

製甲職人(アッパーの縫製をおこなっているところ)

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
底付け職人(底付けといって、アッパーと底部を接合する工程)


私は、靴づくりにおいて一番の功労者は靴を作っている職人だと思います。ですが、現在の靴づくりにおいて、それは尊重されていないと感じることがあります。一人前の技術があるのに、一足数百円の工賃しかもらえない職人もいます。業界全体の靴づくりの価格設定の相場がひどく低く、靴職人として生計を立てることは非常に難しいです。そのため後継者問題は非常に深刻、これでは日本の靴づくりは衰退の一途を辿ります。

高い靴、安い靴にはきちんと理由があります。靴に使われている資材の良し悪しや手の込んだ作りなのか否か、職人への工賃を叩いて作った商品か否か等々。

 

私は、自身のシューズブランドを立ち上げるにあたり、ひとつだけ決めたことがあります。「私の仕事に関わってくれている全ての人達を絶対に泣かせない」ということです。靴づくりに妥協はしませんし、職人への工賃は絶対に叩きたくないのです。きちんとそれに見合うだけの対価を支払いさせて頂きたいのです。

 

Emiliana Feliceのブランドとしての成功を通して、浅草の靴産業に貢献する。浅草の靴産業を盛り上げることが最終目標です。たくさん靴を作って、たくさん売る。シンプルで簡単なことのようで非常に難しい。これを実現するのが私の目標です。

 

皆さま、どうかご支援、ご協力よろしくお願いいたします。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd



Readyforでご支援いただいた方へ、
いち早くEmiliana<エミリアーナ>の靴を届けます

 

ブライダルシューズブランドEmiliana Felice<エミリアーナフェリーチェ>は今まだブランド立ち上げ準備中のため、リターンとしてお届けすることはできないのですが、今回は、デザイナーの古屋が2018年の夏にデビューさせるシューズブランド、Emiliana<エミリアーナ>のブランドアイコンシューズをいち早く、完全受注販売させて頂きます。

 

靴の詳細については新着情報にて紹介しております!

 

■Emilianared traceのご紹介はコチラ
■Emilianablue redのご紹介はコチラ
■Emilianaorange pythonのご紹介はコチラ

 

Emilianaの靴は全製作工程を浅草で行っており、一足一足手作りで、丁寧に作っています。またどのデザインも非常に凝っており、大量生産が不可能なものです。


サイズはレディースサイズの22㎝、22.5㎝、23㎝、23.5㎝、24㎝、24.5㎝のご用意がございます。足幅はJIS規格のD~Eで、標準的な幅となっております。

 

その他にも、Emilianaブランド小冊子やシューケアセット、全力応援コースなど、男女問わずご支援いただけるようご用意いたしました。プレゼントとして、自分へのご褒美として、ぜひ。

 

Emilianaの靴はInstagramにたくさん写真をアップしているので、ぜひご覧ください。

 

 

 

Emiliana orange python
Emiliana orange python

 

Emiliana blue red

最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)