クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

『足操作マウス』を製品化し、上肢障がい者に届けたい!

長島 秀明

長島 秀明

『足操作マウス』を製品化し、上肢障がい者に届けたい!
支援総額
844,000

目標 800,000円

支援者
71人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2015年09月11日 15:07

上肢障害者のパソコン操作講座ってどこにあるの?

上肢障がい者は全国に 平成25年障害者白書によると、

 538,100人(H18年 厚生労働省調査)

 内訳

 (18歳以上 在宅)

 上肢切断       82,000人

 上肢機能障がい  444,000人

 

(18歳未満 在宅)
 上肢切断           300人
 上肢機能障がい   11,800人

 

『こんなに、いるんだ。』と思い、静岡県障がい者職業訓練施設や特別支援学校を訪ねました。

 

担当者『ここには、車いすの方は訓練していますが、手の不自由な方はいません。』

 

長島『はてな??』

 

国立障害者リハビリテーションセンターにも問い合わせました。

『ここにはいません。上肢障がい者のパソコン訓練もしていません。』

『はてな??』

 

ーーじゃあ、上肢障がい者はどこで、何の仕事をしているの???--

聞いてみた。

『手の不自由な方が、パソコンの指導を希望して相談にきたら?』

 

担当者『うーん!マウス持てないし、キーボード打てないし、専用の機械はないですから。。。』

 

長島『このマウスがあれば、できますよね!』

担当者『今までなかったから、上肢障がい者のパソコン講座は募集もしていませんから。。』

 

長島『募集もしてないの、上肢障がい者はパソコン使ってるの?仕事できるの?待てよ!子供はパソコンゲームもできないの???』????

 

ーーじゃあ、足操作マウス作って、配っちゃえばいいじゃん!ーー

 

長島『お金ないなぁー、どうしよう?』

 

天の声『クラウドファウンディングっていいんじゃない?』

 

そうだ、やろう!

 

今だけじゃない、これからだって障がいを持って生きていく子供たちはいる。

日本だけじゃない。だってこのマウスは世界中で使えるんだよ!

 

この足操作マウスの存在を広く広める義務がある。

このマウスを作るチャンスを与えられたから、必要な人に届ける責任があると感じています。

 

みなさんのご協力をいただき、プロジェクトを達成したいと思います。

 

どうぞご支援のほどをよろしくお願いいたします。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・サンクスレター
・HPにお名前記載

支援者
39人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

・オリジナル ブックマーク 1個
・オリジナル キーホルダー 1個
・サンクスレター
・HPにお名前記載

支援者
25人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

・静岡梅ケ島特産 『隠れ茶』
自家農園・自家工場で製造の幻の隠れ茶
・サンクスレター
・HPにお名前記載

支援者
10人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

34030fdd34d3aca6c45e1488b0d2c523d995a6f2

・足操作マウス 製品 1台
・サンクスレター
・HPにお名前記載

支援者
3人
在庫数
17

プロジェクトの相談をする