NPO法人NIGEE(Nyanza Initiative for Girls' Education and Empowerment)にて7月から毎週行ってきた授業「Japan as a foreign culture」が先日最終回を迎え試験を実施し、その翌週試験合格者を対象に修了証授与式を行いました。

 

 

 

多くの少女達はケニアの外の世界に関する知識がほとんどありません。

数学や英語など他のケニア人でも教えることではなく外国から来た日本人の私しか出来ないこと、それが「日本・海外文化を教えること」でした。

 

外の世界について知ることによって、少女達は今までの人生とは全く違った知識や考え方を得ることが出来、視野を広げたり自分たちの生活に応用したりすることが出来ます。

 

全授業を通し、少女達の物事に対する考え方が少しながらでも変わったと感じています。

 

エンパワーメント、力を付けることは様々な形で行うことが出来るんだなと

私自身も学ばせてもらった数ヶ月でした。

 

私が教えて来た生徒達が、他のケニアの多くの人達と知識を共有し

彼女達自身が人々を力付ける立場になりますように。

 

 

 

 

Knowledge is Power. 知識は力なり。

 

 

 

 

新着情報一覧へ