エクアドルのアマゾン出身の画家、ラモン・ピアグァヘ氏の展覧会へ行ってきました!


なんとご本人も来日しての展覧会。
今日はそのオープニングレセプションがあり、ご本人、駐日エクアドル大使もお見えになりました。
森やエクアドルのこと、そして花火プロジェクトのこともちょっと♡、直接お話をさせていただきました(^^)


ピアグァヘ氏は、森に生まれ森に生き、森が私に日々伝えてくることをそのまま描いている。感じることをそのまま描いているんだ。と仰っていました。
そして、エクアドルの豊かなアマゾンの森の声を日本に伝えるために来たんだと。


色彩豊かな彼の作品が並ぶ会場は、まだ私が足を踏み入れていない世界をみせてくれて、ますますアマゾンの森への憧れが募りました。
この森の呼吸を実際に行って感じてみたい!


展覧会は本日から11月26日(木)まで、東京・市ヶ谷のセルバンテス文化センターにて開催中です。
是非エクアドルのアマゾンを体験しに足を運んでみてください。
http://tokio.cervantes.es/FichasCultu…/Ficha102353_67_25.htm


また明日は東京・両国駅近く、トーキョーワンダーサイトレジデンスにて、ピアグァヘ氏のトークイベントがあります。
エクアドルの豊かな森の声を直接聞ける機会です。もしかしたら何か新しい出会いがあるかもしれません。
ご興味ある方はぜひ行ってみてください(^^)
http://www.tokyo-ws.org/archi…/docs/1104talk_flyer_final.pdf

 

(ピアグァヘ氏と彼の息子さんと)

 

(レオナルド カリオンエクアドル共和国大使と)

 

新着情報一覧へ