B9ba8eb4b885c356fbdf41139488d66c29b01a66


私のプロジェクトが神戸新聞の記者さんの目に留まって新聞記事にしてくださいました。

姫路駅と姫路城を結ぶ通りと交差している商店街が二階町商店街です。

観光客の流れはまっすぐお城に向かい、まっすぐ駅に帰る というのがほとんど。

右に曲がったり左に曲がったりしてブラブラする人はほとんどいません。

私のお店や宿がある場所は駅からも城からも徒歩で十分程度。

滞在型の観光をするには絶好の場所なんです。


普通の商店街ですが、階段を上がって少し進むと古民家が現れるという不思議空間。

どこを探してもこんな面白い場所はないと思います!


だからこそ、多くの人に知ってもらいたいのです。


少し足を伸ばして、商店街を散策して、お座敷カフェラウンジでくつろぐ。

タイミングが合えば、ワークショップに参加してみる。

もっと欲を言えば、

この場所での和文化体験をするために姫路に行ってみたいと思ってもらえるそんな場所。


着物を着てもらう。

着物を着て筆で漢字を書いてみる。

お手玉で遊んでみる。

風呂敷の包み方を知ってもらう。

甲冑を身につけてみる。


可能性は無限大。



私がやりたいこと、支援してくださる貴方が望むこと。

どんな望みでも叶う可能性があるのです。


こんな場所が欲しかったと思ってもらえる空間ができたら最高ですね!


私一人でできることはたかだか知れています。


カフェができたら一日店長さんも募集しますよ。


みんなで貴方の場所を作ってもらいたいのです。


このプロジェクト、あと何日間か残っています。

選挙運動なら声が枯れるまで

皆さまのご支援を心よりお待ちしておりますって

何度も繰り返している状況ですね。

私もそんな気持ちです。


私の着物屋さんは年中無休でゲストハウスも年中無休でして、

私は一年のほとんどをこの中で過ごしています。


支援してくださった方にお礼が言いたくても、

なかなか外に出ていくことができません。

そのかわり来てくださる方はいつでも大歓迎。


リターン品にお得感がないと感じる方もいるでしょう。

でも私の感謝の気持ちは一生涯続くものです。

目先のモノやサービスも大事ですが

できれば、一生仲良くお付き合いしていただけたらと思います。

長くなりましたが、いよいよラストスパート。

もう少し応援をお願いします!


新着情報一覧へ