本日、3月12日。

気仙沼市唐桑町で桑(マルベリー)農家をされている千葉正樹さんを訪ねてきました。

 

今日、気仙沼唐桑町にて千葉さん(左)と私

 

変わらない温かい笑顔でお出迎えくださり、ほっこり。

 

今日は、生産者である千葉さんに皆さんのリターン品でもあるフィナンシェと和紅茶(まだ試作ですが)を実食頂きました。

 

ドキドキでしたが、口に含みしっかり味を楽しんだあと「おいしい」と思わず溢れたような嬉しそうな笑顔を見せてくれました!

 

生産者があり、おいしいを作る方がいる。

それぞれを大切に、その魅力を伝えることを私は全力で頑張ります!

 

神戸と気仙沼を結ぶことで、大切に育てられたものが美味しいと全国の方の舌を満足させるものでありたいと願っています。

 

それが、いつしか気仙沼へ行って現地で食べたいなとか、育てられてる現場を見たいなのような興味になればと思います。

 

まずは知ってもらうこと。

今回のプロジェクトを通じて、約4000人の方に本ページをご覧頂いております。

 

これをキッカケに気仙沼唐桑町の桑(マルベリー)が世に力強く羽ばたけるよう邁進します。

 

いよいよ明日13日(火)23時に終了ですが、最後までどうぞ温かくお見守りください。

 

全力で達成に向けて行動します!

そしてこれからも復興への道程を東北の被災地と共に歩み続けます。

 

ヒノマルベリー 時井

 

 

 

 

新着情報一覧へ