こんにちは。

 

先日の役員会で役員の方から「地域の人々がもっと気軽に訪れることのできる町有林はないのかい??」との話が挙がりました。そこで、昨日とある場所を現地確認してきました。

その名も「フンベ山スカイラインコース」。写真の場所は終点となっていますが、ここからフンベ山山頂までは約3キロ。

 

はじめは近くの町有林でカラマツの造林を実施したため、作業道がついてます。

 

昔の看板を発見。町有林の立ち入りに関する注意事項が書いてました。

 

作業道から外れていくと、その35年前に設定した学習林の看板がありました。

 

看板の横にある人が歩けるだけの獣道が…。どうやらここを登る必要があるようです。

 

写真ではわかりにくいですが、昔は草刈りを行っていたらしく、その部分だけ笹が少なく、「おそらく道だったんだろうなぁ」と不安に思いながらも歩いていきます。

歩いていくと、尾根筋に出てきて、そこは道幅も広く、作業道跡になっていました。

 

そのあとも、時には傾斜30度近くある道を上り下りしながら、山頂に無事到達(写真がうまくアップ出来ないようなので割愛します。ゴメンナサイ)。

草刈りや補修を実施しようにも、道幅が狭かったり、傾斜が急であったりと様々課題はありますが、過去には高校生の遠足などで利用していたそうなので、やり方によっては展開できるのではないかと考えています。

 

ご訪問いただきありがとうございます!

現時点でのべ987人の方にお越しいただき、400人以上の方にいいね!していただきました。本当にありがとうございます。

残り10日となりました。ラストスパート頑張ります!!

新着情報一覧へ