プロジェクト終了報告

2017年08月28日

プロジェクト終了報告

支援者の皆様

 

この度は「北海道十勝、池田町の製炭業を守るため森の管理人を増やしたい!」に

ご支援いただきまして、本当にありがとうございました!

 

さて、皆様のご支援を活用して、7月および8月に研修会を実施する事が出来ました。

【活動報告】

・チェンソー研修会

7月23日(日)、池田町社会福祉センターおよび池田町炭やき伝承広場にて実施しました。池田町内外から12名の方にお集まりいただき、講師として森づくり安全技術・技能全国推進協議会の技術アドバイザーでいらっしゃる馬渕征雄氏をお招きしました。

午前中はチェンソーの仕組みやチェンソーの安全な利用方法などチェンソーに関する理論的なお話を伺いました。

午後からは、参加者の皆様に実際にチェンソーを使用してもらい、エンジンのかけ方や木の切り方などの実技研修を行いました。その後、チェンソーの目立てなどの手入れ方法を馬渕様に実演いただきました。

 

・選木研修会

8月27日(日)池田町社会福祉センターおよび池田町有林にて「健全な森づくり研修会」と題し、岡村俊邦北海道科学大学名誉教授をお招きして、講義と研修を行いました。

町内外より19名もの方にご参加いただき、午前中はスイスで実施されている近自然森づくりの基本的な考え方や育成木施業の理論を学びました。

午後から山林に入り、伐採せずに残す育成木と伐採する木の選び方を体験しました。

10年先の森の姿を予測して育成する樹木を選ぶ方法は正解もなく難しいと感じる反面、

自らの五感をフルに活用する作業であるため、参加者の皆様の積極的な姿勢がとても印象に残りました。

 

【収支報告】

・収入

  皆様からのご支援          496,000円

・支出

  チェンソー研修           113,054円

   (講師代・消耗品)

  選木研修               1,250円

   (傷害保険料)

  9月以降の研修への積立       179,349円

  事務費用               202,347円

   (皆様へのリターンなど)

 

【今後について】

選木研修については北海道森と緑の会様のグリーンコーディネーター制度を活用したことにより、

池田町林業グループは傷害保険料のみ負担して開催する事が出来ました。

皆様から頂いたご支援のうち、使用していない179,349円につきましては、

9月に開催する伐倒・搬出研修および10月に開催する作業道開設研修の費用として

活用したいと考えております。

 

今後とも、池田町林業グループの活動を応援いただければ嬉しいです。