READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

世界中から熱意溢れる学生を集め、国際問題について議論したい!

第66回国際学生会議

第66回国際学生会議

世界中から熱意溢れる学生を集め、国際問題について議論したい!
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

300,000

目標金額 660,000円

支援者
48人
募集終了日
2020年4月30日
募集は終了しました
2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

2人がお気に入りしています
2020年04月25日 11:00

OUR THOUGHTS No.11

皆さま、こんにちは!🌟

第66回国際学生会議(ISC66)のページをご覧くださり、ありがとうございます!!

 

クラウドファンディングは残り5日となりました!

本日もISC66の実行委員の思いを届ける"OUR THOUGHTS"企画!!を行っていきたいと思います!

 

第11回目はISC66Table5のテーブルチーフを務める、Dao Duy Doanです!!

 

My name is DAO Duy Doan. I am the table chief of Table 5, which will be discussing about the prospect of social activism as a method to combat climate change.

 

Currently I am an International Relations major with hope of becoming an academic in the future. I think that the study of politics is the study of how people get what what they want, despite the opposition of other people who live in the same society. Phrased like that politics sounds innocuous enough, and yet in many ways “politics” has become a dirty word. People don’t want to “get political”, and when a decision is said to be “political” it is implied that it has been made with less consideration for “facts and logic” than what would be desirable. As a result more and more prefer to talk about policy or public policy, which convey the idea of decisions made by experts who know a lot of technical knowledge.

 

I consider the recent surge of climate change activism a reaction against the way of thinking that try to “depoliticize” all aspects of our life. I am not saying that climate activists are calling us to ignore the experts. But they are saying more than just “hey let’s implement a carbon tax or something and call it a day”. Many activists see anthropogenic climate change as natural consequence of run-away capitalism. As a result they want a massive overhaul of our society. Even the less radical ones see something wrong with the fact that just 100 companies are responsible for as much as 70% of CO2 emissions since 1988 [1]. Without saying that mass movement would prove to be the key to solving our climate change issue, I dare say that it is important to serious examine what the activists are doing and whether we should be a part of it.

 

I think that nowadays people generally don’t have the luxury of setting a side several days and think deeply about an issue that concerns them. And students like me are one of the few groups left in society which still have the privilege of doing so once in a while. ISC would provide us a unique opportunity to examine our own beliefs regarding some of the most important issues of our time. I only hope to learn from the participants of my table, for I am certain that they have unique experience and background and know things that I have never really considered. For my part, I hope to get the participants thinking about lesser known, but no less insightful perspectives that I have been fortunate enough to be exposed to in my classes, such as “degrowth” or “ecomodernism”.

 

 

[1]: https://www.theguardian.com/sustainable-business/2017/jul/10/100-fossil-fuel-companies-investors-responsible-71-global-emissions-cdp-study-climate-change

OUR THOUGHTS No.10【One-day ISC66】の紹介!!
一覧に戻る

リターン

1,000


【学生様向け】成果発表会招待状

【学生様向け】成果発表会招待状

❖感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りします
❖成果発表会招待状(7月下旬にメールにて詳細をお送りいたします!)
【成果発表会】
日時:2020年8月23日(日)
場所:大阪府(詳細は後日お知らせします)

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年8月

3,000


【ご支援感謝いたします】成果発表会招待状

【ご支援感謝いたします】成果発表会招待状

❖感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りします
❖成果発表会招待状(7月下旬にメールにて詳細をお送りいたします!)
【成果発表会】
日時:2020年8月23日(日)
場所:大阪府(詳細は後日お知らせします)

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年8月

5,000


【ご支援感謝いたします】成果発表会招待状&報告書にお名前掲載

【ご支援感謝いたします】成果発表会招待状&報告書にお名前掲載

❖感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りします
❖成果発表会招待状(7月下旬にメールにて詳細をお送りいたします!)
【成果発表会】
日時:2020年8月23日(日)
場所:大阪府(詳細は後日お知らせします)
❖報告書にお名前(企業名)掲載します

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

◆◇リターンが不要な方は選択項目で「リターン不要」をご選択ください◇◆

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年8月

10,000


【ご支援感謝いたします】成果発表会招待状&報告書にお名前掲載

【ご支援感謝いたします】成果発表会招待状&報告書にお名前掲載

❖感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りします
❖成果発表会招待状(7月下旬にメールにて詳細をお送りいたします!)
【成果発表会】
日時:2020年8月23日(日)
場所:大阪府(詳細は後日お知らせします)
❖報告書にお名前(企業名)掲載

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。
◆◇リターンが不要な方は選択項目で「リターン不要」をご選択ください◇◆

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年8月

30,000


【ご支援感謝いたします】成果発表会招待状&報告書にお名前掲載・送付

【ご支援感謝いたします】成果発表会招待状&報告書にお名前掲載・送付

❖感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りします
❖成果発表会招待状(7月下旬にメールにて詳細をお送りいたします!)
【成果発表会】
日時:2020年8月23日(日)
場所:大阪府(詳細は後日お知らせします)
❖報告書にお名前(企業名)掲載
❖報告書送付

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。
※報告書はデータにてメールでお送りいたします

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年9月

30,000


【国際学生会議を全力応援!】サンクスメール

【国際学生会議を全力応援!】サンクスメール

❖感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りします

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年8月

50,000


【ご支援感謝いたします】成果発表会招待状&報告書にお名前掲載・送付

【ご支援感謝いたします】成果発表会招待状&報告書にお名前掲載・送付

❖感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りします
❖成果発表会招待状(7月下旬にメールにて詳細をお送りいたします!)
【成果発表会】
日時:2020年8月23日(日)
場所:大阪府(詳細は後日お知らせします)
❖報告書にお名前(企業名)掲載
❖報告書送付

※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。
※報告書はデータにてメールでお送りいたします

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年9月

50,000


【国際学生会議を全力応援!】サンクスメール

【国際学生会議を全力応援!】サンクスメール

❖感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りします

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年8月

100,000


【企業様向け】成果発表会招待状&報告書・HPにお名前掲載&成果発表会で貴社の紹介

【企業様向け】成果発表会招待状&報告書・HPにお名前掲載&成果発表会で貴社の紹介

❖感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りします
❖成果発表会招待状(7月下旬にメールにて詳細をお送りいたします!)
【成果発表会】
日時:2020年8月23日(日)
場所:大阪府(詳細は後日お知らせします)
❖報告書とHPにお名前(企業名)掲載
❖成果発表会で御社のSDGsの取り組みをこちらから紹介させていただきます

※掲載する弊社HPのURL:http://www.japan-isc.org
※注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年8月

100,000


【国際学生会議を全力応援!】サンクスメール

【国際学生会議を全力応援!】サンクスメール

❖感謝の気持ちを込めたお礼のメールをお送りします

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2020年8月
プロジェクトの相談をする