第22回目の『メッセージリレー』は、ご自宅に居着いてしまった猫の全頭不妊去勢手術をしたIさんです。

 

 

 

Q. いつ頃から何匹くらいの猫が居着いてしまっている状況ですか?

 

I:6年ほど前から8匹くらいの猫が、自宅の庭に居着くようになりました。

 

 

 

Q. 子猫が生まれてしまうときは、どのようなお気持ちになりますか?

 

I:もう、どうしたらいいか分からなくて、ずっと悩んでいました。

 

 

 

 

Q. 今年の春は、何匹くらいの子猫が生まれましたか?

 

I:16匹です。

 

 

 

Q. 庭が多頭現場になってしまって、どんなお気持ちでしたか?

 

I:いっぱい増えしまい、今後のことを考えると、どうしようかと悩みに悩んでいました。

 

 

 

 

Q. どのような経緯でリスタに不妊去勢手術のSOSをだしましたか?

 

I:知り合いからLYSTAの話を聞いて、ダメ元で手術をお願いできなと相談しました。

 

 

 

Q. 全頭手術完了して、お気持ちの変化はどうでしたか?

 

I:手術により、これ以上増えない状況になり、気持ち的に楽になりホッとしています。

 

 

 

 

Q. 手術のできない、生まれたばかりの子猫はどうされましたか?

 

I:LYSTAに引き取ってもらいました。

 

 

 

Q. 最後に、里親募集型保護猫ふれあいサロンとのら猫手術室の新設への思いやメッセージをお願いします。

 

I:野良猫を虐待する事件も数多いので、保護猫ふれあいサロンができれば猫たちが安全になるのではと思います。これからもLYSTAの皆様大変だと思いますが応援しています。頑張ってください。

 

 

 

新着情報一覧へ