どうも!
JAZZ SUMMIT TOKYO広報 杉浦です。

 

肌寒い日が多くなってきましたね。

“光陰矢の如し”とはよく言ったもので、
JAZZ SUMMIT TOKYO SUMMER FESTIVAL 2015から早1ヶ月半。
「あれ、そういえばJAZZ SUMMIT TOKYOってどうなったの?」
と、ご心配されている方。ご安心を!
我々、ちゃんと活動しております。

 

今回は、JAZZ SUMMIT TOKYOの最近の様子をご紹介します。

 

 

某日、運営メンバーが集合し、READYFOR?でご支援いただいた方へのお礼の手紙を執筆しておりました。

 

 

 

 

そう、手書きで。
一枚一枚、運営メンバーが思いを込めて書きました。

 

 

 


※一人、息抜き中。

 

 

 


総計、約100枚。

 

 

手書きの手紙って、一番時間のかかるコミュニケーションだと思うんです。

 

便箋と封筒を買って、文章を考えて、
「なるべく綺麗に」って緊張しながら書いて、
切手を貼って、封をして、
ポストに投函、2~3日で到着。

 

すごい時間がかかりますよね。

 

かかった時間の分だけ、感謝の思いを込めています。

 

JAZZ SUMMIT TOKYO SUMMER FESTIVAL 2015が開催できたのは、他ならぬご支援頂いた皆様のお陰でございます。
皆様に直接お会いし、お礼を申し上げることが出来ない代わりに、
少しでも感謝の気持ちが届くよう、筆を執り、思いを書に記しました。

 

そんな、我々からの(ちょっぴり字は汚いかもしれない)手紙が届くまで、
もう少々お待ち下さい。

 

他のリワードについても、鋭意準備中ですので・・・!
ご心配なく。

 

 

 

本日は以上です!
それではまた。

 


JAZZ SUMMIT TOKYO広報 杉浦

新着情報一覧へ