GW中の本日4/30はキハ2号を守る会の定期活動作業日ではありませんが、地元の鉄工所の社長様が連休を返上でキハ2号の特に劣化が激しいウインドシル( 車体窓の上下にある金属製の補強板 )の修復作業のご支援をお申し出いただいたことから、新規作成(復元品製造)交換作業の先行調査のための試作品取り付け実装作業を弊会メンバーとY鉄工所の社長様と合同で作業(写真)を行いました。

Y社長様。このたびの修復作業のご支援のお申し出誠にありがとうございます。

皆様の心あたたまるご支援金はこのようなプロフェッショナルな熟練の職人さんによる修繕作業に大切に使わせていただきます。

そのほかににも現在続々と地元の自動車修理工場様、住宅工務店様など鉄道車両は専門分野ながら各部分の専門領域の業者様から多数修復作業の請負お申し出をいただいております。

 

とても厚かましいお願いではありますが、何卒キハ2号を永久保存へ可能とする支援金目標金額の達成に向けて皆様のご協力をいただきますようお願いいたします。

 

   旧別府鉄道キハ2号を守る会 代表  誉田 勝

新着情報一覧へ