鎌倉で伐採された危険木を10月に九州へ送りました。
スポンサーの皆さんへのリターンの品「かまくら和器」として

製造中でしたが。。。。。
あちこちに大きな節や木の中心に亀裂が入っていたり。。。
トホホ。。。。


そういえば、お皿を製造してくれている会社の社長と木を切った周辺を歩きましたがこの辺は風が強く、木が揺れて表皮にも亀裂は入っているのが外から見てわかる木がいっぱいあると。。。


直径30センチほどで長さ30センチほどの丸太を9個ほどのおくったので歩留まりも考慮して1000枚はできるはずだったのですが。。
100枚出来るかどうか?という感じです。
1本1本違う木を原料するということは難しい

新着情報一覧へ