さいごの1日となり私自身大変緊張しています。

被災地のひとり親家庭の子ども達のために、

これまで延べ81名の支援者の方から、約80万円が集まっています!

本当に支援者の方々には頭の下がる思いと

「あと少しであの子たちを助けられる!」という思いが入り交じり

何とかプロジェクトを成立させたい思いでいっぱいです。

 

クラウドファンディングは目標金額に達成しなかった場合、

決済はされず、皆様のところにお金が戻る仕組みのため、

子ども達を支援するためには、目標の達成が必要な条件となっています。

 

あと、8万1千円で達成ができるところまできました!

どうか、あと少しだけ、ご協力いただけませんでしょうか?

金額だけでなく、これだけ大勢の方から支援をしていただけたという事実は

きっと、子どもたちの励みになり、

自分の夢に向かって頑張りぬく原動力となるはずです。

 

甲子園のように、大勢の前で目立ったり、

テレビで中継されるわけではありませんが、

震災のときに小学生だった今年の受験生は

ひとりひとり大きなドラマを抱えて受験に臨みます。

 

経済的な我慢をせずに、精一杯前向きに頑張り抜く経験をさせてあげたいです。

震災のあった春のような悲しい辛い春ではなく

ハッピーエンドの春にしてあげたい。

 

そして子ども達にはこのクラウドファンディングを通して

「世の中には、自分のことを力強く応援してくれる人がたくさんいる」

ということを、目に見える形で伝えてあげたいと考えています。

願わくば、いずれ将来は、今の受験生たちが、

次の誰かを助けられる人材へと成長してほしい。

そんなことにも思いを馳せます。

 

受験まで残り半年。今がいちばん経済的支援が必要なタイミングです。

どうぞ、最終日となった本日、さいごに皆さんのチカラを貸してください!

よろしくお願い致します!

 

 

 

新着情報一覧へ