残り時間もわずか!あなたの力を貸してください(><)!!

どうも、こんばんは!

 

今回は残りラストスパートに向けて

キッズパワープロジェクトメンバーの声を

記載させて頂きます!!

 

〜谷 けいじ〜

このプロジェクトを通して、今までよりも運動が少しでも

好きになってくれる子が増えたら良いなと思います。

 

ある調査によると、運動が「嫌い」なのではなく

「苦手」な子どもが多いのだそうです。

 

つまり運動の仕方が分からないだけなのです。

 

だからこそ「スポーツテスト」という記録の分かりやすいものを使って、子どもたちに運動が「好き!」と自信を持って言ってもらいたいです。

 

1人でも多くの子どもにこの想いを届けたい。その気持ちをもってこのプロジェクト成功を目指します!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜

 

〜大瀧 晴之〜

子ども達のカラダの健康作りは今が岐路である。

 

日々の臨床を通じて未来のカラダそして心作りはまったなしという感覚を感じています。

 

これまで行政側と話をし又学校や地域の中で活動させて頂く事で見えたことは【きっかけ】1つそして【家族】と共に意識を行動に行動を結果に結果を習慣に習慣を良くすることで1人1人の夢を才能を開花させていきたい。

 

この想いで日々取り組んでいるキッズパワープロジェクト 

 

今後も講演活動だけでなく教育現場に求められるツールの作成、教員やコーチ指導者向けの研修など時代に必要なことに取り組んでまいります。

 

皆様からのご支援心から感謝しております。引き続き宜しくお願い致します!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

〜木村 ゆうすけ〜

 

キッズパワープロジェクトの活動を通じて、断片的にしか見られていなかった子どもの「今」を見ることが出来るようになりました。

 

トップアスリートと呼ばれる方々の記録は年々良くなっているように思います。ですが、それと反するように子どもたちの運動能力は低下し、結果として怪我の発生、運動を楽しく思えないと言った弊害が出てきています。

 

微力ながら、そういった子ども達の助力をしていくため、今後も活動を続けていきます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

〜黒須 健〜

 

ここまで応援してくださった皆様、ありがとうございます!

 

「いまの子どもは運動が出来なくなった」

 

そんなことを多くの人が薄々と感じ、ちらほらと言葉にするようになった昨今。でも、それは子どもが悪いのでしょうか?

 

確かに、いまの子どもは外で遊ぶことが減りました。しかし、それは”キッカケ”が無いに過ぎないと思います。カラダを上手に動かすことが出来て、目一杯カラダを動かせる環境さえあれば、子どもは昔のようにきっと健康に笑って遊ぶことが出来るはずです。

 

そういった点に於いて、このキッズパワープロジェクトはとても意義のある活動だと思っています。

カラダの教育を根本から整えていくこの活動に、是非あなたもご参加ください!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

キッズパワープロジェクトチーム一同より

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています