私が初めて行ったLGBTのイベントが、この神戸IDAHOでした。

 

当時の私は大学生で、自分の性別について悩んでいて、

「将来どう生きたらいいんだろう・・」「このまま生きていくのはいやだな・・、でもどうすればいいのかわからない」そんな風にばかり思って過ごしていました。

 

そんな時、インターネットで神戸IDAHOを知りました。

「地元から遠いし、知り合いに会わないだろうから、行ってみようかな」

そう思った私は、恐る恐る開催者にメールしました。

 

程なくして返信が。それはもう、温かい空気に包まれた内容でした。

実際に神戸に行ってみると(実はその時が神戸発上陸でした笑)、やっぱり人の多さで圧倒されましたね。三ノ宮駅についてすぐに、IDAHO会場に向かいました。

 

でも、どんどん怖くなってきて、足がすくんで会場に向かえない。

「人生で初めて参加するイベントだし、自分以外に初めて会う当事者や理解者ってどんな人なんだろう。どんなふうに話しかければいいんだろう。てか、何すればいいんだ?!・・・」 などなどいろんなことを考えてしまって、

 

しばらくはマルイ(当時はオイオイと読んでいた)の周りをぐるぐるぐるぐる…歩き回って、会場を遠くから見つめてました。笑

 

このままじゃだめだ!と思って会場に突っ込んでいきました。

すると、本当に拍子抜けするぐらいWelcomeな空気感で、むちゃくちゃ過ごしやすくて逆にびっくりしました。笑

 

「多様な性にYES!」と口にしながら、チラシを配ったり、メッセージを読み上げたり。

メッセージの1つ1つが胸に刺さって、読んでるこっちが泣きそうになってました。それと同時に、「生きていいんだよ。あなたはあなたいいんだよ。YES!!」そういわれている気分になれました。

 

そしてその日から、ちょっとだけ視野が広がってひとりぼっちなわけじゃないと思えるようになりました。

 

“見えないから、いない”そうじゃなくて、“言えないから見えない”。

そんなギャップを埋めてくれる。そんなイベントだと思います。

みんなが外に出て言葉を伝えることはできない。だけど、見えない言葉を代読して、みんなに届ける機会を続けていけるように。みなさん、力を貸してください。

 

程なくして返信が。それはもう、温かい空気に包まれた内容でした。

実際に神戸に行ってみると(実はその時が神戸発上陸でした笑)、やっぱり人の多さで圧倒されましたね。三ノ宮駅についてすぐに、IDAHO会場に向かいました。

 

でも、どんどん怖くなってきて、足がすくんで会場に向かえない。

「人生で初めて参加するイベントだし、自分以外に初めて会う当事者や理解者ってどんな人なんだろう。どんなふうに話しかければいいんだろう。てか、何すればいいんだ?!・・・」 などなどいろんなことを考えてしまって、

 

しばらくは神戸マルイ(当時はオイオイと読んでいた)の周りをぐるぐるぐるぐる…歩き回って、会場を遠くから見つめてました。笑

※追記:神戸マルイ=OIOIと表記するため

 

このままじゃだめだ!と思って会場に突っ込んでいきました。

すると、本当に拍子抜けするぐらいWelcomeな空気感で、むちゃくちゃ過ごしやすくて逆にびっくりしました。笑

 

「多様な性にYES!」と口にしながら、チラシを配ったり、メッセージを読み上げたり。

メッセージの1つ1つが胸に刺さって、読んでるこっちが泣きそうになってました。それと同時に、「生きていいんだよ。あなたはあなたいいんだよ。YES!!」そういわれている気分になれました。

 

そしてその日から、ちょっとだけ視野が広がってひとりぼっちなわけじゃないと思えるようになりました。

 

“見えないから、いない”そうじゃなくて、“言えないから見えない”。

そんなギャップを埋めてくれる。そんなイベントだと思います。

みんなが外に出て言葉を伝えることはできない。だけど、見えない言葉を代読して、みんなに届ける機会を続けていけるように。みなさん、力を貸してください。

 

2012年の手作りメッセージボード
2012年の手作りメッセージボード

 

新着情報一覧へ