しばらく、ご無沙汰しておりました。
そして、大変申し訳ないのですが、この度、
本プロジェクトを取り下げさせていただく運びとなりました。

ご支援いただいたり、コメントをくださったり、
私の挑戦を応援していただいた皆様に、まずはお詫びと御礼を申し上げます。

本当に、申し訳ありません。そして、ありがとうございました。

 

実は、少し前に、私がいつもお世話になっている『ファームかなや』さんから、
私のところに、ある提案がありました。

 

それは、とある事情から、『ファームかなや』自身が、
“農家レストラン”の開業に向けて動き出す事になりそうだというものでした。

『ファームかなや』は営農法人ではあるものの、加工部のお母さんたちが、
お弁当やイチゴ大福、かきもちなどを道の駅で販売していて、
それらは、かなりの人気商品なのです。


なので、滋賀県でもTOP3に入る小さな町の、さらに小さな「金屋」という集落に、
私が個人でカフェとゲストハウスを開業し、
さらに『ファームかなや』の農家レストランが出来ても効率が良くないし、
出来る事なら私も一緒にやらないか、とのお話をくださったのです。

 

このお話を聞いた時、私は心から嬉しく思いました。

私にとって、「起業」は手段に過ぎません。

私の目的は、一つには「私自身が飲食業に携わりながら、甲良町に定住すること」。

そしてもう一つには、「甲良町に町内外のいろんな方が集まり、
楽しくお喋りしたり、美味しいご飯を食べたりしながら、
ゆったりと過ごせる場所を作ること」でした。
 

この二つ目の目的について、本当は私自身がやるよりも、
町の誰かが自ら立ち上がり、そういう場所を作ってもらったほうが良いというのは、
それを作りたいと思った頃から、実は、ずっと頭の片隅にありました。

けれど、無理強いできるものではないし、それなら私が作った後、
ゆくゆくは町のどなたかに引き継いでいけないか…と思っていたのです。

もちろん、そういう方が現れなければ、自分自身でずっとやっていくつもりでした。

何故なら、私のもともと個人としての目標は、
一つ目の「飲食業を生業としたい」ことだけでした。

でも、「地域おこし協力隊」として甲良町に来て、甲良町が大好きになり、
甲良町のために必要だと思ったのが、それだったからです。

 

今回、私が構想していた「宿泊施設」までは、
作ることは難しいかもしれません。
けれど、“農家レストラン”の運営が上手く行けば、
いずれは必ず、その必要性も生まれてくるでしょうし、
そうなってからでも、遅くはないと思っています。

まずは、『ファームかなや』の皆さんが作りたいと思う“農家レストラン”を、
微力ながら精一杯お手伝いすることで、私はこの町への恩返しと、
そして、私自身の夢を叶えることが、
多少なりともできるのではないかと考えています。

なので、私は起業するのではなく、『ファームかなや』の一員として、
今後はこの「小林邸」の改修や、“農家レストラン”の開業・運営に
関わらせていただく運びとなりました。

 

『ファームかなや』の農家レストランは、
順調に進めば、平成30年春位までには開業予定となります。
場所は、本プロジェクトの「小林邸」となります。

 

開業した暁には、ぜひ、
この町の農家さん達が作る新鮮なお野菜をたっぷり使った、
優しいお母さんたちが作る美味しいお惣菜やスイーツを味わいに、
甲良町に遊びにいらしてください!

きっとそこには、たくさんの笑顔が溢れている筈です^^。

最後にもう一度、今回の挑戦にあたり、応援してくださった皆様始め、
担当してくださったREADY FORの担当キュレータ―さん、
ひいては、私に関わってくださっているすべての皆様に、
心からの感謝とお礼を申し上げます。

本当に、ありがとうございました。
そして、厚かましいお願いですが(笑)、
今後の私と甲良町を、ぜひとも楽しみに見守ってやってください。
どうぞ、よろしくお願い致します。



 

 

 

新着情報一覧へ