ラオスにあるたった一つの動物展示施設、ラオズーの初めての挑戦!

 

はじめまして、ラオズープロジェクトの青木紗良です。

 

ラオスの動物園、ラオズーで不自由に暮らす二頭のジャッカルたちの新しい生活場を作るために、このクラウドファンディングをはじめました。

(ラオズーのジャッカル二頭。)

今はラオスのインターナショナルスクールに通う動物好きな中学生で、将来は獣医になりたいと思っています。

 

このラオスという、皆さんがほぼ知らない小さな途上国には、ひとつだけラオスの人々が訪れることができる、動物がいる施設があります。それが、ラオズーです。(Lao Zoo) 

 

ラオズーで暮らしている動物たちは、狭く、不潔で生態系にあってない場所で生活しています。途上国でお金が足りず、それぞれの動物が必要な生活場を建てることができませんでした。

 

今、ラオズーにはLaos Wildlife Rescue Center(ラオス ワイルドライフ レスキューセンター)という名前の動物保護団体がラオズーの建て直しを支援しています。しかし、団体もすべての動物たちのために新しい生活場を作ってあげることはできませんでした。

(完治間近のドラ)

 

今、動物園の入り口近くにある生活場には二頭のジャッカルが住んでいます。

オスとメスのペアで、メスのほうはDora(ドラ)という名前がついています。

 

ドラは、あるラオスの子の誕生日プレゼントとして違法なペットトレードから買われました。しかし、本来は広々とした草原で暮らすはずのジャッカルが長い間小動物用ケージに入れられていたため、後ろ足が二本とも折れていました。その後、レスキューセンターのケアで、今はこの動物園で暮らしています。しかし、動物園で暮らしていても、不潔で不自由な暮らしをすることしかできません。

 

そこで、不潔、そして不自由な環境で暮らす二頭のジャッカルたちのために、500sq/mの森林をアイロンメッシュのフェンスで囲みます!

 

人間に痛めつけられた命。しかし、彼らは私たちを信じて、自由な生活ができる日を心待ちにしてくれています!不幸な二頭のジャッカルたちのために、どうか、このプロジェクトにお力をお貸しください!

(ジャッカル)

新着情報一覧へ