READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

採血をもっと手軽に!郡山市の健康をサポート

採血をもっと手軽に!郡山市の健康をサポート

支援総額

385,000

目標金額 500,000円

77%
支援者
11人
残り
8日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
3お気に入り登録3人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は1月27日(月)午後11:00までです。

3お気に入り登録3人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

 

 

たった1滴で検査できる健康管理サービスを福島県郡山市に!

 

はじめまして、森隼人と申します。私は、福島県内の病院や、介護施設で看護師として働き始めて4年目になります。

 

現場で勤務をする中で、採血の際にじっとしていることが難しい方、血管が繊細な方など、採血が負担になる方も多くいらっしゃいます。皆さんも採血の際に何度も刺し直しをされたり、内出血ができて強い痛みを感じた経験はないでしょうか。

 

「もっと、手軽にできる採血の方法はないのだろうか」そう考える中で、わずかな血液量で採血検査ができる医療機器が開発されたことや、お客様ご自身で指先から簡単に「自己採血」をして健康管理に繋げることができる方法があることを知りました。

 

今回は、専用器具を使い、指先から1滴ほど血液を自己採取し、体への負担やストレスを最小限に抑えた採血を可能とする「微量採血専門施設」を2020年2月14日に郡山市で開業します。

 

物件の契約にかかる費用や、予約を取るためのホームページ作成は、県の補助金や自己資金によって用意できましたが、施設開設にあたって必要になる備品や受付・会計システム導入費用が不足しております。どうか開業に向けてのあと一押し、ご支援をお願いいたします。

 

 

 

採血の負担を少しでも減らしたい。

 

従来の採血方法は、採血者の技術や経験によって成功が左右されてしまう、不確定要素が大きいのが現状です。また特に血管が細くて曲がっている方や、血管が固く針が入らない高齢者の方に対しては、採血を失敗しやすいのが正直なところです。

 

私も現場で経験する中で、一番多かったものでは、血管がなかなか見えず、1人の利用者に看護師3人がかりで10回程針を刺したことがあります。治療上必要とはいえ、その方には大変な苦痛を与えてしまいました。そのほかでは、高齢者健診に来られた保健センターの方でも採血できず、検査を断念した例は多々あります。

 

採血そのものが痛みや苦痛を感じるものであることは、何よりの課題だと思います。

 

今回の検査キットでは、正しく扱えば採血に失敗することがなく、また検査自体も10分~15分程度で完了します。指先をわずかに穿刺(せんし)するのみですので、個人差はありますが従来の採血方法より苦痛を感じることはありません。そのため、採血をもっと手軽に負担が少なくできる最適の手段なのではないかと考えました。

 

 

 

血液検査を、もっと身近に、手軽に。

 

今回の挑戦では、2020年2月14日までに、開業に必要な備品の購入・会計システム導入を行い、血液検査のための施設を郡山市に開設します。

 

検査を受けていただくには、webサイト(開発中)で予約・店舗に来店いただいた後、スタッフから、検査の手順や注意の説明を行います。その後、お客様ご自身で「自己採血」していただきます。ご不明な点はサポートします。

 

検査結果は、スマートアプリに通知するか、郵送でご連絡させていただくかたちになります。

■検査項目・費用

生活習慣病13項目検査・・・8,000円

男性向けがん腫瘍マーカー検査・・・15,000円

女性向けがん腫瘍マーカー検査・・・15,000円

肝炎ウイルス検査(B型/C型)・・・4,000円

 

■検査の流れ

①webサイト(開発中)で予約をしていただく

②店舗に来店

③検査の手順や注意の説明

④お客様に「自己採血」していただきます。不明な点はサポートします。

⑤検査結果はスマートアプリに通知します。郵送も可能です。

 

 

 

採血を身近にすることで、福島県での健康意識向上に繋げたい。

 

東日本大震災を機に、福島県全体として健康に対する不安は根強く残っていると現場で働く中で感じています。

 

採血検査は、自身の健康状態が数値でわかるバロメーターですので、このサービスが身近なものとなり、病気を未然に予防するための行動のきっかけになればと思います。

 

費用はかかると思いますが、定期的に検査を受けていただき、このサービスの利用をきっかけにして、ご自身の健康意識を高めていただければと思っています。

 

 

●その他注意事項

 

■当施設について
当施設は厚生労働省の以下ガイドラインでいう「検体測定室に類似するサービス」となり、このガイドラインに従って施設、サービスを運用させて頂きます。


厚生労働省
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/hearing_s/150327shiryou03-02.pdf


■採取した血液検査に用いる検査器具について
検査には、「MBS微量採血キット(管理医療機器番号229ABBZX00046000)」という検査器具(検査デバイス)を使用いたします。


この検査器具については以下の学会誌で文献が掲載されており、微量採血器具で採血した血液による検査値と、医療機関等で行われる通常の静脈血採血による検査値に相関関係がある(健康診断や医療検査において、有用な簡易検査法の一つになると考えられている)とされています。


日本臨床検査医学会誌「臨床病理」2017年3月号
"新規採血用具によって採取した指頭微量血と通常の静脈血を試料とする血液検査値の相関について"
岩澤肇*1西村知晃*2根本翔太*3相川直樹*4渡辺清明*5
*1,2,3,4株式会社エム・ビー・エス(〒101-0032東京都千代田区岩本町2-14-8)
*5東京臨床検査医学センター(〒153-0064 東京都目黒区下目黒6-3-17)


■検査結果に関するご留意事項
当施設で行う血液検査は、数値による病気のリスクを提示するもので、必ずしも病気かどうかの「診断」ではございません。また、病気の【可能性がある】方も検査結果として陽性として判断してしまう可能性もございます。


治療結果につきましては、あくまで効果測定としてご活用いただき、検査結果で数値に異常が見られたり、体調にご不安がある場合は、検査結果と合わせて医療機関を受診されることをおすすめいたします。


なお、実際にサービスをご利用頂く場合は、上記の件をスタッフより説明させていただき、あらかじめご利用者様のご同意をいただきます。


■採取した血液や血液の分析結果に関する情報管理体制について
 来店から受付の際にご入力いただいた個人情報については、株式会社マイクロブラッドサイエンスの提供するLifeeにクラウド管理されます。Lifeeは第三者機関によるセキュリティー認証を受けています。


採取した血液はすべて当日中に検査機関に郵送等で送付いたします。その際の血液検体についてですが、すべてバーコードのみで管理を行い、個人情報が明記されることなく、特定されることはありません。


血液の分析結果については、スマートフォンのLifeeアプリで各個人が管理をすることができます。この結果は受付の際に本人が設定したパスワードを入力する形なので第三者が閲覧することはできません。

 

 


本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

もっとみる

プロフィール

福島県出身。看護師・保健師として総合病院や高齢者施設で勤務。

リターン

10,000

検査に活用できる割引券

■お礼のメッセージ
■初回のみ検査項目を一つ半額で提供します。
*有効期限:2020年5月1日〜10月31日

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月
このリターンを購入する

10,000

開業応援コース

■お礼のメッセージ
■施設内に支援者としてお名前掲載(掲載サイズ:小・任意)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月
このリターンを購入する

30,000

検査無料券

■お礼のメッセージ
■初回のみお好きな検査項目を無料で提供します。
*有効期限:2020年5月1日〜10月31日

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月
このリターンを購入する

30,000

開業全力応援コース

■お礼のメッセージ
■施設内に支援者としてお名前掲載(掲載サイズ:中・任意)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月
このリターンを購入する

50,000

開業全力応援コース

■お礼のメッセージ
■施設エントランスに支援者としてお名前掲載(掲載サイズ:大・任意)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月
このリターンを購入する

5,000

お気持ちコース

■お礼のメッセージ

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年4月
このリターンを購入する

プロフィール

福島県出身。看護師・保健師として総合病院や高齢者施設で勤務。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

「いま何もしなければ」なくなってしまう琉球諸語の絵本を出版

言語復興の港言語復興の港

#地域文化

133%
現在
3,207,000円
支援者
224人
残り
12日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする