『お米の珈琲』は焙煎穀物茶、玄米珈琲の一種で、玄米を遠赤外線で焙煎して黒焼きにして作ります。

古く漢方の世界で、黒焼き玄米は「玄神」「玄心」( げんしん)と呼ばれ、様々な病気を改善する妙薬として用いられた歴史があるそうです。玄米の黒焼きは身体の芯を温め、炭の吸着力と相まって、不要なものを体外に排出してくれるのだそうです。

 

また、玄米が持つ栄養素は40種類以上あるといわれていて、その中には今話題のファイトケミカル(活性酸素を取り除き、体を健やかに保つ栄養素)も多く含まれています。

今回商品化するお米の珈琲は玄米を遠赤外線でじっくりと焙煎して作りますが、焙煎すると玄米の栄養素に加え、さらに玄米ポリフェノールやミネラルなども生まれます。
 

煎って作ることで、高いデトックス効果や腸内環境が整うことも期待できるので便秘解消やダイエット、美肌にもつながるなどの嬉しいことがいっぱいです。

こんな『お米の珈琲』を応援していただけましたら嬉しいです♪

今回のプロジェクトについて、SNSなどで情報を拡散いただいたり、近くの知人・友人の方々にもお伝えいただいたり、引き続きご協力をいただければ非常に嬉しく思います。引き続き応援・ご支援のほどよろしくお願いいたします!

新着情報一覧へ