READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
寄附型
成立

副作用の少ない抗がん作用をもつ「PGV-1」を治療薬へと導く研究を

副作用の少ない抗がん作用をもつ「PGV-1」を治療薬へと導く研究を

寄附総額

13,890,000

目標金額 13,500,000円

寄附者
212人
募集終了日
2020年5月26日
212人 が寄附しました
プロジェクトは成立しました!
38お気に入り登録38人がお気に入りしています

38お気に入り登録38人がお気に入りしています
2020年04月16日 19:00

新型コロナウイルスの困難な状況下で教育者研究者としてできる事

新型コロナウイルス感染症感染拡大の困難な状況下で、教育者研究者として、私たちは、私たちのできることの歩みを止めない

110名の方々より1,230万円以上ものご支援をいただき、目標金額の1,350万円に対して91%というところまできました。私たちの研究に意義を感じ、がん医療を変えるかも知れない可能性に対して、一人ひとりそれぞれの想いを託していただき、本当に嬉しく思います。本当にありがとうございます。

 

また、この度の世界規模での新型コロナウイルス感染症が感染拡⼤する中、感染症撲滅に向けて前線で⽇々尽⼒されている方々をはじめ、大勢の皆様が多⼤な影響を受けていらっしゃいます。⼼よりお⾒舞い申し上げるとともに、皆様、皆様のご家族や友⼈・知⼈の安全と健康をお祈りしております。

 

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令され、我々の研究室が属する奈良先端科学技術大学院大学では、学生、教員、職員等の安全と健康を守るため、これまでも新型コロナウイルス感染症に対する対応を取って来ましたが、これを契機になお一層の感染防止対策を講じることになりました。

 

4月から新入生が入学し授業もスタートしました。しかし、3密を防ぐために、学生不在の授業を録画しアーカイブで受講してもらうことになりました。

 

学生不在の授業風景(先週金曜日の様子です)

 

先週の金曜日にも録画を行ったのですが、教室にはもちろん誰もいませんが、動画を見て勉学に励む学生たちに向けて、できる限りいつも通り、学びが前向きに行われるよう、分かりやすく、そして笑顔を向けることを心掛けています。

 

活気溢れる授業風景が早く日常に戻ってくることを願うばかりです​​​​

 

学生なしで授業をするのは、これまでに経験したことがない不思議な感じがしましたが、学生さんたちの健康と勉学の一助となればと願っています。

 

しかし、このような状況下でも、現在がんに苦しむ多くの患者さんがおられることに変わりなく、がんの研究は待ってはくれません。我々は、大学の定めた方策にのっとり、感染拡大防止策を厳に行い、PGV-1を副作用の少ない治療薬へと導く研究や、他のいくつかの重要な研究を進めています。

 

▲新型コロナウイルス感染症への対策を講じ、3密を防いだ中で実験を行っています

▲研究室に来る際も自家用車や自転車など公共機関を使わない交通手段を使うなど工夫を

 

今後も、新型感染症のような災厄に打ち勝つため、一刻も早く入院しなくても可能ながん治療が開発できれば……

がんと新型コロナウイルス感染症は一見何も関係がないように見えますが、実は、新型コロナウイルスの感染が深刻化しているアメリカのニューヨークでは、医療態勢が限界に近づいていて、がん患者専門の病院が患者を退院させて、増え続ける感染者に対応することを余儀なくされています。新型コロナウイルスの感染者を受け入れるため、多くのがん患者を一時的に退院させて、手術も無期限で中止にているとのことです。(NHK『米NY がん専門病院で患者退院させ感染者受け入れ』2020年4月8日 より)

 

がんの治療には長い時間がかかりますが、新型コロナの対処は比較的短い期間なので、まずはこの新型コロナウイルス感染症患者の方から対応していく方針のようです。これは何もがん患者さんに限ったことではなくて、他の疾患の患者さんでもこのようなケースがあるそうです。

 

治療体制の能力には限界がありますから、新型コロナウイルス感染症以外の治療に充てる時間や労力が少なくなるのは仕方がない部分もあるのかもしれませんが、悲しいことに違いはありません。

 

● ● ● ● ●

 

そこで、将来的に実現させたいと強く思って我々が取り組んでいることが、入院しなくても可能ながん治療が一般的になる未来です。

 

現在のがん治療のうち、手術、放射線治療は入院しないとできません。化学療法も、副作用が心配なのでまずは入院して処置を受け(点滴等の処置は病院でする必要があります)、その後様子を見ながら、退院、入院の是非を判断していくことになっています。

 

もし、副作用の心配が少ない、“家でも服用できる飲み薬の抗がん剤” があったら一一。薬剤を処方してもらえれば自宅で治療できますので、万が一、今回のような新型の感染症感染拡大が発生し、医療現場が逼迫したとしても、自身のがん治療は継続できるかもしれません。

 

自宅で処置できる、副作用が少ない飲み薬の抗がん剤の場合は、社会生活から離れる必要はありません。いつもの生活を送りながら、毎日決まった時間にきめられた容量の薬を飲めばいい一一。私たちが目指すゴールは、まさにそのような治療なのです。

 

PGV-1には大いなる可能性があると信じています。是非この研究を完成させて、負担の少ないがん治療が可能な未来を目指したいと切に願っています。

 

 

リモートワークや社会的距離戦略(Social Distancing)が推奨され、外出制限など⾏われている状況下では、世界のあらゆる場所において、研究開発を継続することがいかに難しいかということを⼗分に理解しています。

 

今、このような困難な状況だからこそ、志を共有する皆様とともに、これまで以上に緊密に協力しあいながら研究を前に進めていきたいと考えています。持てる知識と経験を総動員し、今まで以上に柔軟な⽅法でこの困難な局⾯を乗り切りたいです。

 

今の我々の研究は、これからもやってくる可能性のある、新型感染症のような災厄に打ち勝つためにきっと役立つものと信じております。どうか引き続き応援いただけますと幸いです。

 

 

ご寄附とプロジェクト詳細はこちら

※本プロジェクトへのご寄付は、優遇措置が受けられます。

 

 

一覧に戻る

ギフト

5,000

alt

①領収証発行およびお礼状の送付 ※1
②進捗報告の活動報告冊子(PDFデータを電子メールにて送付)

※1 領収証は本クラウドファンディング成立後、2020年8~9月頃の発送予定

[English]
①Receipt & thank-you note ※1
②Progress report booklet (PDF)
※1 Receipts will be sent out around August to September 2020 after the conclusion of the crowdfunding

寄附者
84人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月

10,000

alt

①領収証発行およびお礼状の送付 ※1
②進捗報告の活動報告冊子(冊子郵送)
③活動報告冊子にお名前掲載(希望者のみ)

※1 領収証は本クラウドファンディング成立後、2020年8~9月頃の発送予定

[English]
①Receipt & thank-you note ※1
②Progress report booklet (physical copy)
③Donor name will be printed on progress report booklet
※1 Receipts will be sent out around August to September 2020 after the conclusion of the crowdfunding

寄附者
86人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月

30,000

alt

①領収証発行およびお礼状の送付 ※1
②進捗報告の活動報告冊子(冊子郵送)
③活動冊子にお名前掲載(希望者のみ)
④本学における研究成果報告会開催 ※2

※1 領収証は本クラウドファンディング成立後、2020年8~9月頃の発送予定
※2 研究成果発表会は2021年春頃を予定

[English]
①Receipt & thank-you note ※1
②Progress report booklet (physical copy)
③Donor name will be printed on progress report booklet
④Research results presentation at NAIST ※2
※1 Receipts will be sent out around August to September 2020 after the conclusion of the crowdfunding
※2 Scheduled for Spring 2021

寄附者
18人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月

50,000

alt

①領収証発行およびお礼状の送付 ※1
②進捗報告の活動報告冊子(冊子郵送)
③活動冊子にお名前掲載(希望者のみ)
④本学における研究成果報告会開催 ※2
⑤本学HPに寄附者名掲載(個人のお名前のみ、法人名掲載不可)

※1 領収証は本クラウドファンディング成立後、2020年8~9月頃の発送予定
※2 研究成果発表会は2021年春頃を予定

[English]
From ① to ④, the same reward as the 30,000 yen course
⑤Donor name will be posted on the NAIST website (individuals only, no company names allowed)

寄附者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月

100,000

alt

①領収証発行およびお礼状の送付※1
②進捗報告の活動報告冊子(冊子郵送)
③活動冊子にお名前掲載(希望者のみ)
④本学における研究成果報告会開催 ※2
⑤本学HPに寄附者名掲載(★法人名も掲載可能)

※1 領収証は本クラウドファンディング成立後、2020年8~9月頃の発送予定
※2 研究成果発表会は2021年春頃を予定

[English]
From ① to ④, the same reward as the 30,000 yen course
⑤Donor name will be posted on the NAIST website (company names allowed)

寄附者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月

300,000

alt

①領収証発行およびお礼状の送付 ※1
②進捗報告の活動報告冊子(冊子郵送)
③活動冊子にお名前掲載(希望者のみ)
④本学における研究成果報告会開催 ※2
⑤本学HPに寄附者名掲載(★法人名も掲載可能)
⑥本学バイオサイエンス領域の研究棟1階に寄附者名掲載(小サイズ)

※1 領収証は本クラウドファンディング成立後、2020年8~9月頃の発送予定
※2 研究成果発表会は2021年春頃を予定

[English]
From ① to ④, the same reward as the 30,000 yen course
⑤Donor name will be posted on the NAIST website (company names allowed)
⑥Donor name will be posted on the 1st floor of the Biosciences building of NAIST (small size)

寄附者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月

500,000

alt

①領収証発行およびお礼状の送付 ※1
②進捗報告の活動報告冊子(冊子郵送)
③活動冊子にお名前掲載(希望者のみ)
④本学における研究成果報告会開催 ※2
⑤本学HPに寄附者名掲載(★法人名も掲載可能)
⑥本学バイオサイエンス領域の研究棟1階に寄附者名掲載(中サイズ)

※1 領収証は本クラウドファンディング成立後、2020年8~9月頃の発送予定
※2 研究成果発表会は2021年春頃を予定

[English]
From ① to ④, the same reward as the 30,000 yen course
⑤Donor name will be posted on the NAIST website (company names allowed)
⑥Donor name will be posted on the 1st floor of the Biosciences building of NAIST (medium size)

寄附者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月

1,000,000

alt

①領収証発行およびお礼状の送付 ※1
②進捗報告の活動報告冊子(冊子郵送)
③活動冊子にお名前掲載(希望者のみ)
④本学における研究成果報告会開催 ※2
⑤本学HPに寄附者名掲載(★法人名も掲載可能)
⑥本学バイオサイエンス領域の研究棟1階に寄附者名掲載(大サイズ)

※1 領収証は本クラウドファンディング成立後、2020年8~9月頃の発送予定
※2 研究成果発表会は2021年春頃を予定

[English]
From ① to ④, the same reward as the 30,000 yen course
⑤Donor name will be posted on the NAIST website (company names allowed)
⑥Donor name will be posted on the 1st floor of the Biosciences building of NAIST (large size)

寄附者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月

5,000,000

alt

[100万円のギフトと同じ内容です]
①領収証発行およびお礼状の送付 ※1
②進捗報告の活動報告冊子(冊子郵送)
③活動冊子にお名前掲載(希望者のみ)
④本学における研究成果報告会開催 ※2
⑤本学HPに寄附者名掲載(★法人名も掲載可能)
⑥本学バイオサイエンス領域の研究棟1階に寄附者名掲載(大サイズ)

※1 領収証は本クラウドファンディング成立後、2020年8~9月頃の発送予定
※2 研究成果発表会は2021年春頃を予定

[English]
From ① to ④, the same reward as the 30,000 yen course
⑤Donor name will be posted on the NAIST website (company names allowed)
⑥Donor name will be posted on the 1st floor of the Biosciences building of NAIST (large size)

寄附者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月

プロジェクトの相談をする