こんばんわ。

 

残り3日を切るとカウントダウンがはじまるようで、現在50時間を切った処です。非常に焦らされます・・・

 

さて、多くのいいねを頂き本当にありがとうございます。この情報をご覧くださいましたら、ぜひともご支援をお願いします。これまでご支援くださった方で、余裕のあります方は追加でのご支援を頂けますと非常にありがたいです。

 

さて、お願いばかりするのは性分ではないので、もう少し二月会について説明させてもらいたいと思います。

山口市大内地区の歴史をまとめた大内村誌というものがあり、その中にも先日の論文と同等、むしろ読みやすく説明が掲載されています。その一部を写真で掲載いたします。

 

 

 

画質があらくみえにくいかもしれませんが。。。

ここには二月会で舞われたであろう童舞の名前が出てきます。これを頼りに今回は胡蝶を復元しました。

月に1回、東京芸術大学で講師をしている三浦元則氏に来てもらい、子どもたちに指導してくださっています。

胡蝶の装束は地元の山口芸術短期大学の学生の皆様に作ってもらいました。

地域でできることは地域でやり、できないところを来てもらい教えてもらっています。

 

新着情報一覧へ